RACE REPORT

広島クリテリウム

日付:
2019年07月07日
開催地:
広島県広島市⻄区商⼯センター内特設コース(1.7km周回コース)
距離:
1.7km X 30周 = 51.0km  スプリント賞×2回(10,20周回完了時の1位に賞金)
天候:
晴れ 気温35℃
出走:
アイラン フェルナンデス, ホセ ビセンテ トリビオ, 小森 亮平, 安原 大貴

Jプロツアー第11戦 
レースレイティング:ブロンズ

“小森亮平が敢闘賞、ポイント賞を獲得!”

Jプロツアー2日目は昨年から新規追加となった街中でのクリテリウム、多くの観戦客で賑わい華やかな大会。前日に続き乾いた猛暑日となり気温はついに40℃近くまで上昇した。
マトリックスはイベントが重なり4名での出走、人数的に非常に厳しいが少数ならではの連携で打破する。

うだるような暑さの昼中にレーススタート、ここもT字Uターンで繋ぐコースで最後の直線までの位置取りが勝負の鍵となる。
序盤から広島が地元となる小森、吉岡直也(Team UKYO)、岸崇仁(LEOMO Bellmare Racing Team)の3名が逃げ、そのまま終盤まで逃げ続ける展開となった。

メインはスプリンターを擁するシマノレーシングを中心にTEAM BRIDGESTONE Cycling、宇都宮ブリッツェンがコントロール。4名での参戦となったマトリックスは小森先行を続け、残る3名は集団内で後半へ向けての動きを窺う。

先行する小森ら3名は協調し重ねる周回の中で2回設けられているスプリント賞を吉岡、小森で獲り、そのペースを乱すことなく後半へ突入していく。

一時はアタックがかかる場面もあったが即沈静し、シマノレーシングがコントロールし続けたまま残り5周。メインは徐々に徐々にその差を詰めながらもコントロールするシマノレーシングに赤い宇都宮ブリッツェンが並び始める。

Shizu Furusaka

メインでの位置獲り争いが激しくなりタイム差は更に縮めてくるが変わらず小森らは先行し、その走りで小森は敢闘賞を獲得!

残り4周で小森らはメインに吸収、口火をきったようにカウンターアタックが激しくなるがいずれも吸収され、ついにラストラップのゴール直線へ。

激しい位置獲り争い、粘るシマノレーシングに宇都宮ブリッツェンとTEAM BRIDGESTONE Cycling(BS)が獲り合いもつれ込みながら最終コーナーへ。

一気に始まったゴールスプリントはスプリンター揃いの強力なBSトレインがラインを獲り、発射した黒枝士揮、沢田桂太郎のワン・ツーでゴールを制す。

3位は兄弟の黒枝咲哉(シマノレーシング)、マトリックスはホセの5位が最高位となった。

厳しい戦いが続くが翌週は伝統的な石川ロードレース、勝利を狙って次戦へ進む。

【結果】
1位  黒枝士揮(TEAM BRIDGESTONE Cycling) 1時間23分15秒
2位  沢田桂太郎(TEAM BRIDGESTONE Cycling) +00秒
3位  黒枝咲哉(シマノレーシング)  
4位  小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)
5位  ホセ・トリビオ(マトリックスパワータグ)  +1秒
6位  横塚浩平(Team UKYO)

14位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
28位 安原大貴(マトリックスパワータグ)
51位 小森亮平(マトリックスパワータグ)

photo by Itaru Mitsui, Shizu Furusaka

Jプロツアー2020 チームランキング
(2020年8月30日時点)
1位 宇都宮ブリッツェン 5,716p
2位 KINAN Cycling Team 4,381p
3位 マトリックスパワータグ 3,711p
4位 愛三工業レーシングチーム 3,332p
5位 TeamUKYO 2,729p
6位 弱虫ペダル サイクリングチーム 2,527p
Jプロツアー2020 個人ランキング
(2020年8月30日時点)
1位 小野寺 玲 1,587p
2位 ルバ トマ 1,498p
3位 ホセ トリビオ 1,497p
4位 増田 成幸 1,480p
5位 山本 元喜 1,462p
8位 レオネル キンテロ 1,289p