RACE REPORT

ツール・ド・熊野2018 第2ステージ熊野山岳

日付:
2018年06月02日
開催地:
三重県熊野市御浜町 熊野山岳コース
距離:
109.3km KOM×3回
天候:
晴天 気温28℃
出走:
アイラン フェルナンデス, ホセ ビセンテ トリビオ, 佐野 淳哉, 土井 雪広, 安原 大貴, 向川 尚樹

UCIアジアツアー2.2
5/31(木)~6/3(日)三重県、和歌山県の紀州地域 全4日間プロローグ+3ステージ
総走行距離 = 327.5km


【第2ステージ 熊野山岳】 

日付:2018年6月2日(土)
開催地:三重県熊野市御浜町 熊野山岳コース
距離:109.3km KOM×3回
天候:晴天 気温28℃ 
出走選手:6名 ホセ・ビセンテ・トリビオ、アイラン・フェルナンデス、佐野淳哉、土井雪広、安原大貴、向川尚樹


丸山千枚田、札立峠を中心とする山岳ステージ。そしてレースの明暗を分けるクイーンステージでもある。丸山千枚田は2回、札立峠を1回上りその頂上にはKOMが設置されており、全3ステージのうち唯一の山岳ステージ。タイム差を逆転、或いはアドバンテージを持つチャンスはこのステージとなる。

第1ステージがキャンセルとなったため、プロローグの数秒差タイムがそのまま持ち込みとなり、誰もがチャンスを持つためスタートからかなり激しい動き。3つの大きな高ポイントKOMを含むステージ、先ずはひとつ目のKOM狙いでアタックがかかり、ホセを含む9名が先行してKOMを通過。

ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
畑中勇介、マーク・デマール(チーム右京)
中島康晴(キナンサイクリングチーム)
鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)
入部正太朗(シマノレーシング)
ダミアン・モニエ(愛三工業レーシングチーム)
フェン・チュンカイ(チャイニーズタイペイナショナルチーム)
カーデン・グローヴス(セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム)

このメンバーが各チーム有力選手を含むため更に下り区間から次の上りまでに数名の有力選手が加わり15名、決め手は次の札立峠。後続とはかなり離れ、前方のメンバーで勝負は絞られていく。この中にはホームチームのキナン4名、チーム右京3名、宇都宮ブリッツェン2名、、、など強豪は人数を揃えて着実な体制、マトリックスはホセのみとなってしまい厳しい状況。

2つ目のKOM札立峠が最大の山場、ここへ向けての激しいアタック戦で絞りこまれたのは10名ほど。
ホセ、デマール、畑中、ダミアン、フェン・チュンカイ、中島に加え、
マルコス・ガルシア、トマ・ルバ、サルバトール・グアルディオラ(キナンサイクリングチーム)
ベンジャミ・プラデス(チーム右京)
ベンジャミン・ダイポール(セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム)

チーム右京のベンジャミ・プラデスやキナンサイクリングチームの本命マルコス・ガルシアやサルバドール・グアルディオラらが激しくアタックをしかける。

激しく繰り返されるアタック戦にもホセは残り、やがて3つ目のKOM、2回目の千枚田へ。それまで先行していた中島をパスして上りに入ったのはデマール、後続もそれを追いペースが上がりバラけてくる。
デマールはもの凄いハイペースで千枚田を上り、ホセはそれを追うプラデス、ガルシア、グアルディアラ、鈴木、ダイボールと共に6名のパックで粘り残る。やがて上りきる頃には後方から入部も追いつき下りへ。

大きく差をつけてデマールが3つ目のKOMを越え下りへ。後続はそれを追いペースを上げて下っていくが、先行しているデマールになかなか追いつかない。やがて牽制も始まりデマールとの差は広がっていく。機を見て追走をかけたセントジョージのダイボールとシマノ入部がデマールへ合流し先頭3名、牽制し続ける後続の中でホセも機を逃し、先頭3名の逃げ切りが決定的となりゴール勝負へ。ゴールスプリントで堂々制したのはシマノ入部。激しい外国人勢との山岳バトルを日本人で勝利するのは快挙、そしてここで稼いだタイムで総合トップに立つということは、総合優勝は目前とも言える。

苦しい戦いとなったホセは57秒差で総合9位。翌日は平坦基調の最終ステージで挽回するには厳しいタイム差、チームとしても非常に厳しい結果となったが、最後の望みを懸けて最終ゴールでのジャンプアップを狙う。

[第1ステージ結果]
1位 入部正太朗(シマノレーシング) 2時間45分52秒
2位 マーク・デマール(チーム右京) +1秒
3位 ベンジャミン・ダイボール(セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム) +15秒
4位 ベンジャミ・プラデス(チーム右京) +33秒
5位 サルバードール・グアルディオラ(キナンサイクリングチーム)
6位 鈴木 譲(宇都宮ブリッツェン) +35秒
7位 マーカス・カリー(セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム)
8位 マルコス・ガルシア(キナンサイクリングチーム) +44秒
9位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
10位 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン) +1分3秒
18位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ) +5分09秒
21位 安原大貴(マトリックスパワータグ) +5分16秒
39位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ) +10分50秒
47位 土井雪広(マトリックスパワータグ) +15分28秒
71位 向川尚樹(マトリックスパワータグ) +15分28秒

[個人総合]
1位 入部正太朗(シマノレーシング) 2時間46分35秒
2位 マーク・デマール(チーム右京) +7秒
3位 ベンジャミン・ダイボール(セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム) +25秒
4位 ベンジャミ・プラデス(スペイン、チーム右京) +44秒
5位 サルバードール・グアルディオラ(キナンサイクリングチーム) +45秒
6位 鈴木 譲(宇都宮ブリッツェン)
9位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) +57秒
19位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ) +5分23秒
21位 安原大貴(マトリックスパワータグ) +5分29秒
39位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ) +11分01秒
65位 土井雪広(マトリックスパワータグ) +15分41秒
67位 向川尚樹(マトリックスパワータグ) +15分42秒

[チーム総合]
1位 セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム 8時間24分51秒
2位 キナンサイクリングチーム +37秒
3位 宇都宮ブリッツェン +41秒
5位 マトリックスパワータグ +6分40秒


photo by Satoru Kato

Jプロツアー2020 チームランキング
(2020年10月11日時点)
1位 マトリックスパワータグ 8,316p
2位 宇都宮ブリッツェン 7,332p
3位 KINAN Cycling Team 6,311p
4位 愛三工業レーシングチーム 5,558p
5位 TeamUKYO 4,290p
Jプロツアー2020 個人ランキング
(2020年10月11日時点)
1位 レオネル キンテロ 3,084p
2位 ホセ トリビオ 2,772p
3位 大前 翔 2,695p
4位 ルバ トマ 2,079p
5位 山本 元喜 1,977p