RACE REPORT

JBCF 南魚沼タイムトライアル

日付:
2024年02月21日
開催地:
新潟県南魚沼市舞台 三国川ダム周回コース8km
距離:
14.8km(8km × 1周回+6.8km)
天候:
雨 気温18℃
出走:
ベンジャミ プラデス, ホセ ヴィセンテ トリビオ, 吉田 隼人, アイラン フェルナンデス

Jプロツアー第17戦

マトリックスパワータグ2位! 

UOTA0891

昨年新設された大会。ツールド北海道から息つく間もなくこの南魚沼での2連戦。
今年は東日本ロード大会を含み、チームタイムトライアル(※以下、TTT)と共にポイントが大きく、重要な大会となる。

TTTはコース上部のダム湖周回のみで行われる。
アップダウンを繰り返しながらつづら折りのコーナーで繋ぎ、道幅狭いタイトコーナーやトンネルが数箇所あり、とてもテクニカルなコース。
また路面も滑りやすく、雨天ではコントロールがかなり重要となってくる。
コースの事前確認を入念に行い、レースに臨む。

当日の天候はしっかり雨。路面は完全ウェット状態。
全17チーム出走のうちマトリックスはラストから2番目、ラストはTeam UKYO。

UOTB0525

スタート/ゴールが異なるため、2周回弱という歪なコースレイアウト。1周目のラップタイム/2周目のラップタイムそれぞれで比較していく。
出走前までのトップタイム、1周目を那須ブラーゼンが9分4、5秒での通過を聞き、いよいよマトリックスがスタート。

UOTB0545

快調に攻め走る4名、タイトコーナーは軌道に個人差が出て難しい。際どく攻めながら1周目を9分1秒で通過しトップタイム更新。UOTA0681
仕上げの2周目どれだけ攻められるか・・・やがて隼人が最後の追い込みをかけて3名へ託す。タイム19分35秒.43で暫定トップ。UOTA0699
しかし、やはり侮れないTeam UKYO。タイムはどんどんかわされて最後は大差での2位となった。

UOTB0654

この借りは明日のロードレースで返す!


【監督のコメント】
暫定トップで一瞬喜んだけどなー、、、畑中がえらい顔して走っとたなー・・・。


【順位】
1位 Team UKYO 19分18秒
2位 マトリックスパワータグ +17秒
3位 那須ブラーゼン +22秒
4位 KINAN Cycling Team +31秒
5位 宇都宮ブリッツェン +32秒
6位 シマノレーシング +55秒


photo by Hideaki TAKAGI