RACE REPORT

ツアー・オブ・ジャパン -第4ステージ南信州-

日付:
2015年05月21日
開催地:
長野県飯田市上飯田
距離:
123.6km(12.2km×10周回+1.6km)HSが3回、KOM2が3回
天候:
快晴 気温25℃
出走:
向川 尚樹, ベンジャミ プラデス, ホセ ヴィセンテ トリビオ, 吉田 隼人, アイラン フェルナンデス, 安原 大貴

ベンジャミ・プラデスがステージ優勝!!

TJ4A2780

このステージは激しいコースの名物消耗戦、富士山だけでなくここでタイムを獲ることは重要なステージ。
こちらも距離が短縮されている。マトリックスはいなべでのタイム差を少しでも挽回していきたい。

本日も晴天、信州らしい爽やかな一日となった。

スタートからブリヂストンアンカーの内間康平がアタック単独先行、追走が徐々に追いつき3周目には9名のグループが形成された。
ランプレのチュンカイ、NIPPOの山本、ドラパックのロエ、アヴァンティのヴァンデルプローグ、タブリーズのアリ、ジャイアントのモアゼミ、BS内間、右京ウルスタン、ブリッツェン阿部
30秒差を保ったこの逃げは1回目のHS、KOMを終えると3周目には吸収。アタックがかかるが決まらないまま4周目へ。
4周目の下り区間でランプレのコンティ、ドラパックのガードルストーンの2名がアタックを決め、逃げる。
この逃げをメインは容認、スカイダイブがコントロールし、タイム差は1分から3分を超えて広がっていく。

TJ4B0356

6周目、KOMへ向けてメインからヒシュガマンジャイアントが引き始めペースを上げる。
KOMを獲りながら2名を追う姿勢、ヒシュガマンが引き続けるメイングループはペースが上がりメインの人数が徐々に絞られていく。

TJ4A0323TJ4B0412
マトリックスはベンジャ、ホセ、アイランが残っている。後方はバラけ始めた。

残り2周へ向け先頭2名とは差が詰まっていくが、メインの思惑が揃わないかなかなか追いつかない。
メインは活性し追走に飛び出す動きが激しくなる。この動きでメインは20名ほどに絞られ、マトリックスはベンジャとホセが残る。
9周目、ヒシュガマンのエマミが単独で抜け先頭に追いつく。続いてブリヂストンアンカーのトマ・ルバ、サンティックのイリヤ・ゴロドニチェフ。
最後のKOMではパックになり、5名で逃げ始める。

TJ4A2215
追走をかけるホセ
TJ4A2334
ホセ先頭に追いつく

この先頭グループを危険と感じ、下り区間でメインからホセがアタック、単独追走をかける。
ここでラストラップへ。ホセは上り区間で5名に追いつくがメインも反応し追ってくる。
KOMポイントでメインが先頭に追いつくと、ヒシュガマンのホセイン・アスカリがカウンターアタック。
下り区間を20秒ほどで逃げるが、メインはブリヂストンアンカーが引きアスカリを吸収。

残る平坦は23名の集団ひとつ。マトリックスはベンジャとホセ。
最終コーナーから最後のストレート、激しいゴールスプリントが始まった。
前方はドラパックやランプレが固めている。残り150m、サイドから上がってくるベンジャ、残り100mから前へ・・・。

ベンジャ前に出てきた
ベンジャ前に出てきた


ベンジャはぐんと伸びてがっちりゴール!!ステージ優勝を決めた!!

伸びてくる
伸びてくる

 

獲った!!
獲った!!

この結果で総合上位は入れ替わりベンジャも12位へ浮上、狙っていける。

TJ4B0693

マトリックス初のTOJステージ優勝にチーム一同歓喜している。

TJ4B0642
最良の一日☆


しかし、まだまだステージは続く。このがっちりしたチームワークで東京を目指す!

【監督のコメント】
人生最良の一日、今日で帰るわ

【ベンジャのコメント】
みんなのおかげや!(by監督通訳)

《ステージ結果》
1位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)3:08’31”
2位 アダム・フェラン(ドラパック プロフェッショナル サイクリング)+0″
3位 トマ・ルバ(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)+0″
10位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)+0″
41位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)+2’31”
70位 向川尚樹(マトリックスパワータグ)+15’16”
75位 安原大貴(マトリックスパワータグ)+15’16”
81位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)+15’16”

《個人総合》
1位 アダム・フェラン(ドラパック プロフェッショナル サイクリング)9:54’24”
2位 フランシスコ・マンセボ(スカイダイヴ ドバイ プロサイクリングチーム)+0’02”
3位 ルカ・ピベルニク(ランプレ・メリダ)+0’09
12位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)+0’45”
20位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)+0’55”
44位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)+3’49”
83位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)+28’03”
88位 向川尚樹(マトリックスパワータグ)+31’51”
89位 安原大貴(マトリックスパワータグ)+31’53”

《ポイント総合》
1位 フランシスコ・マンセボ(スカイダイヴ ドバイ プロサイクリングチーム)33p
8位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)25p

《山岳賞総合》
1位 マッティア・ポッツォ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)13p
15位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)2p


photo by Hideaki TAKAGI

Jプロツアー2020 チームランキング
(2020年10月11日時点)
1位 マトリックスパワータグ 8,316p
2位 宇都宮ブリッツェン 7,332p
3位 KINAN Cycling Team 6,311p
4位 愛三工業レーシングチーム 5,558p
5位 TeamUKYO 4,290p
Jプロツアー2020 個人ランキング
(2020年10月11日時点)
1位 レオネル キンテロ 3,084p
2位 ホセ トリビオ 2,772p
3位 大前 翔 2,695p
4位 ルバ トマ 2,079p
5位 山本 元喜 1,977p