RACE REPORT

西日本ロードクラシック広島大会Day- 1

日付:
2024年02月21日
開催地:
広島県中央森林公園サイクリングコース(1周12.3km) 広島県三木市本郷町上北方1315
距離:
61.5km(12.3km×5周回) スプリントポイント×1回(2周回完了時の1位通過者に優勝ポイントの10%)
天候:
晴れ 気温38℃
出走:
アイラン フェルナンデス, ホセ ビセンテ トリビオ, レオネル アレクサンダー キンテロ, 吉田 隼人, 安原 大貴, 小森 亮平, 向川 尚樹, 狩野 智也

Jプロツアー第8戦 
レースレイティング:ブロンズ

西の聖地、広島中央森林公園でのレースも今季初。距離を極端に変化をつけた2連戦でDay-1はたった5周のショートレース、そしてDay-2では限られたレース数の中で重要な高ポイント設定のロードクラシック。チームはランキング上昇と勝利をかけて臨む。馴染みあるこの地でのレースだが真夏に開催するのは初めて、この時季の厳しい酷暑を思い知った2日間となった。

夕刻近くのスタートではあるもののコース上は40℃近い灼熱、そしてショートならではのハイペースは緩むことなく人数はどんどん絞られていく展開。スタートから飛び出した大貴に武山晃輔(TeanUKYO)がつき2名で先行、集団は30秒ほどの差で行かせている状況。

しかし武山は暑さのせいかスプリントポイントを前にドロップし、大貴は単独先行のままボーナスポイントを獲得、その後集団に戻る。

集団では代わる代わるカウンターアタックがかかり、ペースも動きも落ち着かない。酷い暑さも重なり集団はその人数をどんどん減らしていく。

この状況を繰り返しながらの4周目、勝負へ向けて残り2周回の動きが出るところで3名が抜けた。いずれも危険視しているメンバー、マークしながらもチームはチェックしきれなかった。

増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
山本大喜(KINAN Cycling Team)
阿曽圭佑(eNshare Racing Team)

追走の動き激しい中でもマトリックスは動きがとれないまま、やがて追走4名が合流する。

トマ・ルバ(KINAN Cycling Team)
山本元喜(KINAN Cycling Team)
西村大輝(宇都宮ブリッツェン)
門田祐輔(Hincapie LEOMO Bellmare Racing Team)

暑さに強いと定評のあるKINAN Cycling Teamが優勢、活力に溢れている。そしてこの7名でラストラップへ入る頃には残されたメインは崩壊しており既に2分近くの差、レオが単独で追走をかけているが勝負に絡めないことは明白。チームは完全に置いていかれた。

先頭7名は激しく叩き合いながらも圧倒的有利なKINAN Cycling Teamのレース運びで抜けた山本大喜が勝利。単独追走のレオが 1分40秒差で9位ゴール、チームは勝負に絡めず暑さにも負け惨敗となった。

この日の酷暑を重く見た主催者は翌日のDay-2距離の短縮を決定。しかし同じく厳しい暑さの予報、勝利のため奮い立たせDay-2へ臨む。

Photo by Satoru Kato

【結果】

1位  山本大喜(KINAN Cycling Team)  1時間30分47秒
2位  西村大輝(宇都宮ブリッツェン) +:27
3位  山本元喜(KINAN Cycling Team) 
4位  トマ・ルバ(KINAN Cycling Team)
5位  阿曽圭佑(eNShere Racing Team) +:28
6位  増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
9位  レオネル・キンテロ(マトリックスパワータグ) + 1:42
20位 安原大貴(マトリックスパワータグ)
21位 小森亮平(マトリックスパワータグ)
26位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
35位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
67位 狩野智也(マトリックスパワータグ)
DNF    吉田隼人(マトリックスパワータグ)
DNF    向川尚樹(マトリックスパワータグ)