RACE REPORT

ロンダ・フィリピナス2019

日付:
2019年02月08日
開催地:
フィリピン、パナイ島
距離:
全5ステージ 774km
天候:
亜熱帯
出走:
ホセ ビセンテ トリビオ, フランシスコ マンセボ, 佐野 淳哉, 小森 亮平, 安原 大貴

UCI Asia Tour 2-2

2月8日(金)~2月12日(火) 全5ステージ 774km フィリピン、パナイ島

ステージ1: Iloilo~Iloilo 197.6km

ステージ2: Guimaras to Guimaras 101.8km

ステージ3: Guimaras to Guimaras 179.4km

ステージ4:Roxas to Roxas 146.9km

ステージ5:Roxas to Antique 148.9km

“フランシスコ・マンセボが個人総合優勝!! チーム総合優勝!!”

2月8日から12日までの5日間で開催されたロンダ・フィリピナス(UCI2.2)は、フィリピン中部のパナイ島とギマラス島を舞台にしたステージレース。フィリピンを中心に東南アジアチームが多く集結する中、日本からはマトリックスパワータグが参戦。正式加入したフランシスコ・マンセボ(スペイン)、ホセ・ビセンテ(スペイン)、佐野淳哉、小森亮平、安原大貴というメンバーでシーズン初戦に挑んだ。

酷暑と想像を絶する路面状況の悪い道路、これぞアジアツアーの最たるものである。

第一ステージ197.6kmに渡って海岸線をひた走る早速マンセボが動く。序盤から逃げグループに入り、最初は4人8人10数名になったトップグループからフィニッシュまで100kmを残した時点で一人二人と落としていき独走体制に持ち込むと、小刻みなアップダウンコースを味方につけ、協調体制を組まさないようマトリックスで仕切り、追走を不発に終わらせマンセが総員を突き放して独走勝利。2位の選手に3分52秒、24人以下に11分以上もの大差を稼ぎ、一気に総合首位に、しかし初日にトップに立ったことから最終日までマトリックスチームの仕切りでレースは進み、なんやチーム員疲労痕ばいながら最後まで仕切り切り、個人、チーム総合をダブルで獲得マンセボの強さは去ることながら新チーム員の小森選手などの献身的なアシスト術も光り、マンセボもそのチーム力に「想像以上」と驚きを隠せない、

 結果もさることながら内容的にも今シーズンのビックレースでの勝利に期待できる内容であった。チームはこのあとJプロツアー開幕戦を走りその後、スペインで行われるヨーロッパツアーにも参加し(予定)、5月のTOJ、ツールド熊野、そして全日本選手権を目指して突っ走ります。

〔個人総合結果〕

1位 フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)

2位 オランザ・ロナルド(チームフィリピンネイビースタンダードインシュランス)

3位 フレッツ・フドミニク(セブンイレブン-CLiQQロードバイク フィリピン)

4位 モレルズ・ジャン・ポール(チームフィリピンネイビースタンダードインシュランス)

5位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ)

20位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)

DNF 小森亮平(マトリックスパワータグ)

DNF 安原大貴(マトリックスパワータグ)

〔チーム総合〕

1位 マトリックスパワータグ

2位 セブンイレブン-CLiQQロードバイク フィリピン

3位 チームフィリピンネイビースタンダードインシュランス

Report by Masahiro YASUHARA   Photo by Ronda Pilipinas official

Jプロツアー2020 チームランキング
(2020年8月30日時点)
1位 宇都宮ブリッツェン 5,716p
2位 KINAN Cycling Team 4,381p
3位 マトリックスパワータグ 3,711p
4位 愛三工業レーシングチーム 3,332p
5位 TeamUKYO 2,729p
6位 弱虫ペダル サイクリングチーム 2,527p
Jプロツアー2020 個人ランキング
(2020年8月30日時点)
1位 小野寺 玲 1,587p
2位 ルバ トマ 1,498p
3位 ホセ トリビオ 1,497p
4位 増田 成幸 1,480p
5位 山本 元喜 1,462p
8位 レオネル キンテロ 1,289p