RACE REPORT

JBCF維新やまぐちクリテリウム

日付:
2018年09月16日
開催地:
⼭⼝県⼭⼝市中河原町 ⼭⼝県庁前パークロード特設コース(公道周回1.3㎞コース)
距離:
52.0km(1.3km×40周回) 10、20周回にスプリント賞
天候:
快晴 気温32℃
出走:
アイラン フェルナンデス, ホセ ビセンテ トリビオ, 佐野 淳哉, 土井 雪広, 安原 大貴, 田窪 賢次

Jプロツアー第19戦(レイティングAc)

有名観光地から舞台を移し、2日目は市街地中心部となる県庁近くメインロードでのクリテリウム。汗ばむほどの快晴となり、歴史的情緒ある公園を使用した会場では多くの観客で賑わう。前日に悔しい離脱となったアイランをエースに雪辱を晴らすべく、マトリックスはコントロールに徹する作戦で挑む。

1直線の折り返し、両端をタイトなUターンで繰り返すコースはこれまでも非常に落車のリスクが高いコース。スタートから佐野を先頭にマトリックストレインが前を固めてペースアップをしていく。佐野を先頭固定のまま数周重ねると、容赦ない佐野引きに集団の人数はどんどん減っていく。7周目には前方のカラーが揃い、マトリックスパワータグ、シマノレーシング、宇都宮ブリッツェンと揃う中、リーダーの窪木はしっかりと位置をキープしている。

直線Uターンを折り返すのみのコースは両端Uターンの度に落車が起き、ニュートラル適用で大幅に人数が減少する様子からかなりの規模での落車も度々。ひたすらコントロールに徹する先頭のマトリックスはノーアクシデント、しかし先頭を許さない走りを続けることは自らを消耗し、40周という長さに対し容易な状況ではない。落車頻度も高くなり集団人数の増減を繰り返しながらレースは終盤へ。残り10周になると集団の人数は30名弱、コントロールに時折加わっていたシマノレーシングは仕事を終え人数を減らしているが、宇都宮ブリッツェンは幾度も落車に巻き込まれながらも全員健在、最終局面へ向けて油断ならない。かたくなに先頭を引き続けるマトリックスは佐野、大貴中心からホセも加わり最後のペースアップへ。引き続ける姿に応援の声が高くなってくる。

残り2周、いよいよ最終へ向けて各チーム前に出てくる。マトリックストレインは乱れず崩さずを貫く体制、やがて渾身引き倒した佐野が離脱しラストラップ、少し早いか。土井の牽引にホセ、アイランで位置取り応戦しながら始めのUターンをクリアし最終決め手のUターンへ。ここで上手くラインをとったのはシマノ入部、黒枝を牽引してゴールへの直線へ。
アイランはやや出遅れ、スピードに乗った黒枝に入部も続きゴール。あわやワン、ツー、かと思われたが、リーダーの窪木が強烈なスプリントで刺し込み3位、アイラン悔しさに吼えながらの4位でゴールとなった。

Jプロツアーは残すところ3戦、個人ランキングはほぼ確定的となってきたが、まだ2位のアイランにはチャンスはある。最後まで上位目指して戦います。


【結果】
1位 黒枝咲哉(シマノレーシング) 1時間16分36秒
2位 窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング) +0秒
3位 入部正太朗(シマノレーシング)
4位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ )
5位 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)
6位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ )
17位 安原大貴(マトリックスパワータグ)
19位 土井雪広(マトリックスパワータグ)
23位 田窪賢次(マトリックスパワータグ)
24位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ)

photo by Satoru Kato

Jプロツアー2020 チームランキング
(2020年10月11日時点)
1位 マトリックスパワータグ 8,316p
2位 宇都宮ブリッツェン 7,332p
3位 KINAN Cycling Team 6,311p
4位 愛三工業レーシングチーム 5,558p
5位 TeamUKYO 4,290p
Jプロツアー2020 個人ランキング
(2020年10月11日時点)
1位 レオネル キンテロ 3,084p
2位 ホセ トリビオ 2,772p
3位 大前 翔 2,695p
4位 ルバ トマ 2,079p
5位 山本 元喜 1,977p