RACE REPORT

ツアー・オブ・ジャパン2018 第6ステージ富士山

日付:
2018年05月25日
開催地:
静岡県小山町 富士スピードウェイ西ゲート~富士スピードウェイ外周路周回~須走商店街~ふじあざみライン
距離:
6.3km+7.4km+19.2km=32.9km ふじあざみライン(標高差1160m、平均勾配10%、最大勾配22%)
天候:
快晴 気温25℃
出走:
アイラン フェルナンデス, ホセ ビセンテ トリビオ, 佐野 淳哉, 土井 雪広, 安原 大貴

UCIアジアツアー2.1
5/20(日)~5/27(日)堺~東京までの全8日間8ステージ
総走行距離 = 764.0km
総獲得標高 = 12,982m


【第6ステージ富士山】

日付:2018年5月25日(金)
開催地:静岡県小山町 富士スピードウェイ西ゲート~富士スピードウェイ外周路周回~須走商店街~ふじあざみライン
距離:6.3km+7.4km+19.2km=32.9km ふじあざみライン(標高差1160m、平均勾配10%、最大勾配22%)
天候:快晴 気温25℃ 
出走選手:5名 ホセ・ビセンテ・トリビオ、アイラン・フェルナンデス、佐野淳哉、土井雪広、安原大貴

ⓒSatoru Kato
ⓒSatoru Kato


今年から少しコースを変更、これまでのふじあざみラインへ加え、富士スピードウェイ外周路を周回してから登坂へ入る。やはりTOJはこのステージが全て、クイーンステージの富士山。
チームはホセの総合順位をこのステージで引き上げるべく作戦し、このステージへ臨む。

レースはふじあざみラインの登坂に入ってから本気の動きが出てくる。スイスウェルネスを始めとしてペースが上がる。マトリックスは集団前方を固めてホセのペースを上げる体制を作り、1名先行のクリス・ハーパー(ベネロング・スイスウェルネス・サイクリング・チーム)を行かせた後にホセがアタック。反応したのはマルコス・ガルシア(キナンサイクリングチーム)、ガルシアは圧倒的な速さでハーパーに追いつき、残り8km地点から先頭に立ちとそのまま更にペースアップで先行。ホセらも追うが届かずそのまま大差の逃げ切り優勝、総合トップに立ち、リーダーはトマからガルシアへ移った。

ⓒShingo Fujimaki

2番手はハーパー、残るホセは残り4km地点辺りまで3番手で追うが、後続が追いつき8名のグループ。

ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
トマ・ルバ、サルバドール・グアルディオラ(キナンサイクリングチーム)
ホセ・ディアス・ガジェゴ(イスラエル・サイクリング・アカデミー)
キャメロン・パイパー(チーム・イルミネート)
ヘルマン・ヘルシュタイナー(バーレーン・メリダ)
ベンジャミ・プラデス(チーム右京)
サム・クローム(ベネロング・スイスウェルネス・サイクリング・チーム)

ⓒShingo Fujimaki
ⓒSatoru Kato

ここからヘルシュタイナーがアタックし先頭を追う、ハーパーを抜いて2番手ゴール。ラストスパートをホセは粘り2分差の6位でゴール。総合順位を7位まで引き上げることができたが、タイム差が2分8秒と総合上位には厳しい結果となった。
翌日も正念場の伊豆ステージ、最後まで総合上位を狙い東京を目指す。


[富士山ステージ結果]
1位 マルコス・ガルシア(キナンサイクリングチーム) 1時間19分19秒
2位 ハーマン・ペーンシュタイナー(バーレーン・メリダ) +28秒
3位 クリス・ハーパー(ベネロング、スイスウェルネス・サイクリング・チーム) +1分48秒
4位 マヌエル・ディアス(イスラエル・サイクリング・アカデミー) +2分0秒
5位 ベンジャミ・プラデス(チーム右京) +2分4秒
6位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
7位 サルバドール・グアルディオラ(キナンサイクリングチーム)
8位 サム・クローム(ベネロング・スイスウェルネス・サイクリング・チーム)
9位 キャメロン・バイパー(チーム・イルミネイト) +2分11秒
10位 トマ・ルバ(キナンサイクリングチーム) +2分13秒
34位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ) +8分12秒
49位 安原大貴(マトリックスパワータグ) +12分28秒
53位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ) +14分22秒
73位 土井雪広(マトリックスパワータグ) +20分14秒


【個人総合】
1位 マルコス・ガルシア(キナンサイクリングチーム) 14時間2分52秒
2位 ハーマン・ペーンシュタイナー(バーレーン・メリダ) +39秒
3位 トマ・ルバ(キナンサイクリングチーム) +56秒
4位 サム・クローム(ベネロング・スイスウェルネス・サイクリング・チーム) +2分5秒
5位 ベンジャミ・プラデス(チーム右京) +2分11秒
6位 サルバドール・グアルディオラ(キナンサイクリングチーム) +2分17秒
7位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) +2分08秒
36位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ) +17分28秒
43位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ) +24分06秒
52位 安原大貴(マトリックスパワータグ) +28分28秒
63位 土井雪広(マトリックスパワータグ) +36分39秒


[チーム総合]
1位 キナンサイクリングチーム 42時間12分4秒
2位 ベネロング・スイスウェルネス・サイクリング・チーム +5分3秒
3位 チーム・イルミネイト +8分20秒
10位 マトリックスパワータグ  +31分36秒

photo by Satoru Kato, Shingo Fujimaki

Jプロツアー2020 チームランキング
(2020年10月11日時点)
1位 マトリックスパワータグ 8,316p
2位 宇都宮ブリッツェン 7,332p
3位 KINAN Cycling Team 6,311p
4位 愛三工業レーシングチーム 5,558p
5位 TeamUKYO 4,290p
Jプロツアー2020 個人ランキング
(2020年10月11日時点)
1位 レオネル キンテロ 3,084p
2位 ホセ トリビオ 2,772p
3位 大前 翔 2,695p
4位 ルバ トマ 2,079p
5位 山本 元喜 1,977p