RACE REPORT

JBCF タイムトライアルチャンピオンシップ

日付:
2014年09月07日
開催地:
栃木県栃木市藤岡町内野(河川区域内)渡良瀬遊水地内谷中湖北ブロック(5.3km/1周)
距離:
15.9km(5.3km × 3周回)
天候:
曇り時々晴れ 気温30℃
出走:
アイラン フェルナンデス, 和田 力, 田窪 賢次

Jプロツアー連戦、今度はシーズン一度の個人タイムトライアル。
遊水地周りの平坦路を3周回。選手は1分30秒ごとに出走する。

マトリックスは、田窪、和田、アイランの順で出走する。
レースは序盤にスタートした大場政登志(CROPS × championsystem)が20分55秒71といきなりの好タイム。
以降は21分台が平均値、なかなか21分をきることができない。
中盤までなかなか更新されず、43番スタートの阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)が20分47秒91でトップ更新。
これをきっかけに後半へ向けてトップ争いとなる。

残り2名、ここでホセ・ビセンテ(Team UKYO)が19分53秒98と大きく更新し、優勝を決める。
マトリックスはアイランが21分02秒03で8位がチーム最高位となった。
続いてツールド北海道、勢いつけて頑張ります。

02_3

03_4

【順位】
1位 ホセ・ビセンテ(Team UKYO)19分53秒98
2位 ダミアン・モニエ(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)+06秒
3位 佐野淳哉(那須ブラーゼン)+07秒
4位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+36秒
5位 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)+53秒
6位 大場政登志(CROPS × championsystem)+1分01秒
8位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
13位 和田力(マトリックスパワータグ)
40位 田窪賢次(マトリックスパワータグ)

photo by Hideaki TAKAGI

Jプロツアー2020 チームランキング
(2020年8月30日時点)
1位 宇都宮ブリッツェン 5,716p
2位 KINAN Cycling Team 4,381p
3位 マトリックスパワータグ 3,711p
4位 愛三工業レーシングチーム 3,332p
5位 TeamUKYO 2,729p
6位 弱虫ペダル サイクリングチーム 2,527p
Jプロツアー2020 個人ランキング
(2020年8月30日時点)
1位 小野寺 玲 1,587p
2位 ルバ トマ 1,498p
3位 ホセ トリビオ 1,497p
4位 増田 成幸 1,480p
5位 山本 元喜 1,462p
8位 レオネル キンテロ 1,289p