RACE REPORT

ツール・ド・熊野-第2ステージ熊野山岳コース-

日付:
2024年07月25日
開催地:
三重県熊野市
距離:
109.3km HSが1回、KOMが3回
天候:
晴れ 気温33℃
出走:
ベンジャミ プラデス, ホセ ヴィセンテ トリビオ, 吉田 隼人, アイラン フェルナンデス, 安原 大貴

  • ベンジャミ・プラデスがステージ優勝!個人総合リーダーに立つ!!
  • TK2A3292
TK2B1537
前日にコースポイントをチェックしていた監督

このレースはほぼこの山岳ステージで決まる。
昨年、このステージでは逃げが決まり、最後はホセ2位、ベンジャ5位。今年は勝負。
監督、思うところがあり、前日に自らコースを試走。最終コーナーからゴールまでのきつい勾配の丘400mほどを何度も確認しチェックした。

TK2B0104
パレードで掲げる”交通安全”

朝から気温がかなり高い、山岳コースだけに暑さとの戦いも厳しくなりそう。

TK2A1437
勝負!札立峠へ

スタートから1回目の上りへ入る前にHS、ここの流れから1回目千枚田の上りへ入ってくる。
1回目KOMはややバラけ気味だがまだ完全ではない。マトリックスも集団内で落ち着いた様子。
下り区間で集団はひとつ。次は勝負どころの札立峠のKOMへ。
上りに入るとベンジャ含む3名が抜ける。ベンジャ、BSダミアン・モニエ、愛三の中根。
そこへキナンのジャイ・クロフォードが合流し4名でKOMへ、ベンジャ2位で通過。

TK2A2584
最後のKOMを1位通過!

下り区間で13名の追走、逃げはこの下りによっては詰められることも多い。そこへホセが入る。先頭からジャイが脱落し、ベンジャら3名で逃げ続ける。
やがて追走からサンティックのイリヤ・ゴロドニチェフが合流、先頭4名で千枚田最後のKOMへ。ベンジャ1位通過。

残り下り区間からゴールへ先頭4名は協調し逃げ続ける。後続は1分ほど、先頭は決まった。

TK2A2747
仕掛けどころばっちり!決まった!!

最終コーナーから最後の上り直線で4名のスプリント・・・!
監督が「ここだ」と伝えていたポイントからベンジャ仕掛けてそのまま逃げ切り、優勝!!

そしてホセは後続で6位ゴール。

TK2A2867
強力なアシスト、ホセも6位でゴール!


「200mの看板左から数十メートルのところで先行すれば絶対に抜かれない。」これが監督から告げられていた。

TOJに続き、熊野でも初のステージ勝利!!しかもこの1分差逃げ切りをもって、ついにベンジャは総合リーダーに立つ!!TK2A3014 TK2A3308
歓喜に沸くチーム一同、しかし、最終ステージをどう戦うか・・・緊張の夜を過ごす。

【監督のコメント】
俺はしあわせや!TK2A3058

《ステージ結果》
1位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)2:46’20”
2位 イリヤ・ゴロドニチェフ(RTSサンティック レーシングチーム)+0″
3位 ダミアン・モニエ(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)+0″
6位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)+1’05”
41位 安原大貴(マトリックスパワータグ)+8’27”
44位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)+8’34”
73位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)+14’21

《個人総合》
1位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)5:22’53”
2位 イリヤ・ゴロドニチェフ(RTSサンティック レーシングチーム)+0’08”
3位 ダミアン・モニエ(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)+0’10”
5位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)+1’16”
42位 安原大貴(マトリックスパワータグ)+8’42”
44位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)+8’46”
66位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)+14’32”

《ポイント総合》
1位 ニール・ヴァンデルプローグ(アヴァンティ レーシングチーム)35p
2位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)30p
3位 ティノ・ソメル(RTSサンティック レーシングチーム)23p
10位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)13p
14位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)11p

《山岳賞総合》
1位 中根英登(愛三工業レーシングチーム)18p
2位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)14p
3位 ダミアン・モニエ(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)8p
8位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)2p

《チーム総合》
1位 愛三工業レーシングチーム

photo by Hideaki TAKAGI