RACE REPORT

ツアー・オブ・ジャパン -第7ステージ東京-

日付:
2015年05月24日
開催地:
東京都品川区八潮 みなとが丘埠頭公園 
距離:
112.7km(14.7km+7.0km×14周回) HSが3回
天候:
曇りのち晴れ 気温27℃
出走:
向川 尚樹, ベンジャミ プラデス, ホセ ヴィセンテ トリビオ, 吉田 隼人, アイラン フェルナンデス

いよいよ最終東京ステージ。総合は昨日でほぼ確定、このステージでの見せ場を競う。
もちろん、マトリックスは隼人で勝負を狙う。
昨年とは違い、フィナーレに相応しい89名の出走。観客も更に多く賑やか。
マトリックスは大貴を欠いて5名、そしてアイランが体調を崩してしまった。強豪チームは人数が揃っているが、皆で全力最後まで戦う。

心配されていた天候は誰の行いなのか奇跡的に回復。全く濡れることなくスタート時には熱い太陽が出てきた。
華やかな街中のパレードを終え周回コースへ。いよいよリアルスタート。

TJ7A0488
いよいよ最終ステージスタート

 

スタートからアタック激しい。各チーム見せ場や残りのポイント争奪などを賭けて最後のバトル。
マトリックスも同様チャンスを窺う。そして8名の逃げができ、そこへホセが入る。

TJ7A0214
逃げグループに入るホセ


まだスタート間も無い、メインは容認し1分前後を保つ。8名からは脱落や意図的な動きで人数が減り、5周目にはホセ含み5名となる。

ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
ウラジミール・グセフ、ラファー・シティウィ(スカイダイヴ ドバイ プロサイクリングチーム)
チュン カイ・フェン(ランプレ・メリダ)
内間 康平(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)

メインは総合を守るタブリーズがコントロールし、常に1分ほどの差を保っている。
この状況が変わらないまま周回を重ねレースは進行する。
やがてグセフ、チュンカイが、そして内間が後退し、9周目には先頭ホセとシティウイの2名に。監督はホセへ「GO」を告げた。
最後のHSをホセ2位通過、11周目残り4周回へ。2名は協調し逃げ続ける。

TJ7A1008
Goホセ

TJ7A1163

ここからメインは徐々にペースを上げ始める。12周目にホセら2名は遂に吸収、残り2周回、いよいよ終焉の動きになっていく。
散発的なアタックがかかるが集団は冷静に吸収していく。集団のままラストラップへ、89名の大集団スプリントが始まる。

チーム間の位置取り戦が激しい、ランプレ、NIPPO、ドラパック、BS、マトリックスもトレインを組んでいる。
最終コーナーからゴールへ800mの長いストレート、前へ上がって行けるか・・・

TJ7A0562
隼人体制へ・・・


脇からマトリックストレインが徐々に前方へ上がっていく・・・残り500m、ここで大きな落車、絡んでまた落車!
なんと隼人が巻き込まれてしまった。幸い大事には至らなかったが悔しさ残るゴール。

マトリックスはベンジャ9位が最高位となった。TJ7A2035


獲ったのは昨年のステージ覇者ランプレのニッコロ・ボニファジオ。2年連続このステージ優勝を飾った。

最終結果はUCIポイント圏内の総合順位に届かなかったが、初のTOJステージ優勝、そして今までにない見せ場も作れた。
チーム力の上昇を個々にしっかりと感じたTOJ。
まだまだ行ける、次のレースへ前進!


【監督のコメント】
善戦むなしく・・・・

【監督の総括コメント】
チーム創立以来、初のTOJ区間優勝もできてよかった。しかし、総合がいまひとつ上がらなかったのが残念。
これもそれも6番目の選手が・・・やったかなぁ。。。


《ステージ結果》
1位 ニッコロ・ボニファジオ(ランプレ・メリダ)2:17’14”
2位 ブレントン・ジョーンズ(ドラパック プロフェッショナル サイクリング)+0″
3位 ニコラス・マリーニ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)+0″
9位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)+0″
33位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)+0″
36位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)+0″
64位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)+0″
85位 向川尚樹(マトリックスパワータグ)+0″


《個人総合》
1位 ミルサマ・ポルセイェディゴラコール(タブリーズ ペトロケミカル チーム)16:17’53”
2位 ラヒーム・エマミ(ピシュガマン ジャイアント チーム)+0’24”
3位 ホセイン・アスカリ(ピシュガマン ジャイアント チーム)+0’52”
13位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)+3’23”
14位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)+3’27”
56位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)+36’19”
82位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)+1:07’20”
85位 向川尚樹(マトリックスパワータグ)+1:11’09”


《ポイント総合》
1位 ヴァレリオ・コンティ(ランプレ・メリダ)54p
2位 ルカ・ピベルニク(ランプレ・メリダ)53p
3位 フランシスコ・マンセボ(スカイダイヴ ドバイ プロサイクリングチーム)47p
9位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)35p
28位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)9p


《山岳賞総合》
1位 ラヒーム・エマミ(ピシュガマン ジャイアント チーム)25p
22位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)2p
23位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)2p


《チーム総合》
1位 ピシュガマン ジャイアント チーム 6:51’42
2位 ブリヂストン アンカー サイクリングチーム +8’11”
3位 アヴァンティ レーシングチーム +11’00”
8位 マトリックスパワータグ +41’18”

photo by Hideaki TAKAGI

Jプロツアー2020 チームランキング
(2020年10月11日時点)
1位 マトリックスパワータグ 8,316p
2位 宇都宮ブリッツェン 7,332p
3位 KINAN Cycling Team 6,311p
4位 愛三工業レーシングチーム 5,558p
5位 TeamUKYO 4,290p
Jプロツアー2020 個人ランキング
(2020年10月11日時点)
1位 レオネル キンテロ 3,084p
2位 ホセ トリビオ 2,772p
3位 大前 翔 2,695p
4位 ルバ トマ 2,079p
5位 山本 元喜 1,977p