RACE REPORT

JBCFまえばしクリテリウム

日付:
2017年09月23日
開催地:
群馬県前橋市大手町 群馬県庁、前橋市役所周辺 特設周回コース(公道周回3.5㎞コース)
距離:
3.5km×14周(ローリングスタート)=49km 3,6,9,12周目に周回賞(地元賞)
天候:
曇りのち晴れ 気温25℃
出走:
アイラン フェルナンデス, ホセ ビセンテ トリビオ, 佐野 淳哉, 土井 雪広, 吉田 隼人, 安原 大貴, 田窪 賢次

“吉田隼人が優勝!今季4勝目、Jプロツアー3勝目を挙げる!!”

Jプロツアー第17戦 

山口から次は東へ、Jプロツアー第17、18戦は群馬県前橋市での2Day、クリテリウムとヒルクライムの連戦。
クリテリウムは県庁周辺という前橋市中心部の市街地を疾走する、とても華やかな舞台が用意されている。
昨年同様、出走人数を7名に制限しての一発決勝、そして今年は更に距離が4周延びてより見せることができる設定。

前戦で表彰台独占勝利を決めたマトリックス、周囲の注目も高まってきていることを有難く実感しチームの士気は更に高まっている。
エースはもちろんスプリンター隼人。最後のスプリントへ持ち込むためレースコントロールを確実にしたい、そして総合トップチームとしてレースを牽引することも暗黙の責務でもある。

当日朝まで雨が残っていたが午後のスタート時刻が近づくにつれ回復、やがて晴れ間が戻り暑いほどとなってきた。
総合リーダーのホセを中心にマトリックスが前列に並び、華やかな街中クリテリウムがスタートした。

スタートからアタックがかかるがマトリックスが前方を固め冷静に序盤のハイペースを作る。機関車の如く先頭を引くのは名物化してきた佐野、迫力の引き姿を見せている。
やはり攻めシマノレーシングのアタックが積極的、少数精鋭で戦う宇都宮ブリッツェンもアタックをかけてくる。都度応戦するマトリックス。
やがて5周目に5名が抜け、マトリックスはそこに大貴が入る。

安原大貴(マトリックスパワータグ)
入部正太朗(シマノレーシング)
飯野智行(宇都宮ブリッツェン)
吉岡直哉(那須ブラーゼン)
水野恭平(インタープロサイクリングアカデミー)

逃げに強い展開を脅かす強靭なメンバーが揃った。逆にこのメンバーを終盤までに消耗させる方向へ持っていきたい。
マトリックスは10秒前後の差を保ちながらメイン集団前方を固め完全コントロール体制へ入る。
5名の逃げも快調に回しているがメインからの射程圏内からは抜け出せずにいる。6周目2回目のスプリント賞を大貴が獲得。

しばらくこの状況が変わらないまま周回を重ね、メインはきっちり15秒差以内をキープしてコントロールし続けるマトリックス。
9周目のスプリント賞も大貴が獲得し10周目、いよいよ終盤の動きへ向けて大貴はメイン集団へ戻る。
大貴が戻ると少しずつメイン集団をペースアップするマトリックス。残り3周をきるまでは先頭を泳がせたい。
しかし残る先頭4名はストロングメンバー。終盤の動きも予想してペースアップを始め、捕らえるのは容易ではない。
マトリックス一丸で集団を引く、牽引スペシャリスト佐野を中心に田窪、大貴、やがてホセも先頭に立ち力強く引く。

この引きで集団後方は崩壊し始め徐々に集団人数も絞られていく。
やがて12周目、先頭は入部を中心に逃げ切りをかけ懸命にペースを上げ、最後のスプリント賞を吉岡が獲得。しかしメインはもう7秒差ほど後ろ、一気に捕らえに行く。
集団内ではマトリックスを先頭に、宇都宮ブリッツェン、シマノレーシング、那須ブラーゼンと隊列が揃い始め、集団ゴールスプリントへの体制作りに動き始める。
13周目でついに先頭は吸収され集団ひとつ。マトリックスが先頭を許さずトレイン形成を固めたままペースアップ開始。

残り2周弱、少しの隙も許さずキープし続けるのには長い時間、そしてラストラップへ。渾身一丸で鉄壁のトレインを守るマトリックス。
わずかな隙をついて強豪チームもラインを取りにくる、激しい位置取り戦。最終コーナー前の長い直線で宇都宮ブリッツェンのトレインが絶妙なラインで並走してくる。
マトリックス崩れそうになるもベテランの土井が神業の如く動きライン奪還、そして最終コーナーへ向けてアイランへ繋ぐ。
このコーナーを獲れば決定的、アイランを先頭にマトリックストレインが最終コーナーを回り、そして吉田隼人が発射。

隼人はスプリントから悠々ひと伸びし、がっちりポーズを決めてゴール!!鮮やかな堂々たる優勝、マトリックス完全支配で勝利した。
終始レースを支配した気持ちよい勝利、翌日のヒルクライムはホセで決めて連勝を狙いたい。

 

 
【順位】
1位 吉田隼人(マトリックスパワータグ) 1時間4分10秒
2位 中村龍太郎(イナーメ信濃山形) +0秒
3位 秋田拓磨(シマノレーシング)
4位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
5位 鈴木 譲(宇都宮ブリッツェン)
6位 下島将輝(那須ブラーゼン)
7位 入部正太朗(シマノレーシング)
8位 横塚浩平(LEOMO Bellmare Racing team)
9位 内野直也(ウォークライド・シクロアカデミア)
10位 藤岡克磨(VICTOIRE 広島)
17位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
35位 土井雪広(マトリックスパワータグ)
36位 田窪賢次(マトリックスパワータグ)
38位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ)
39位 安原大貴(マトリックスパワータグ)

 

photo by Hideaki TAKAGI

Jプロツアー2020 チームランキング
(2020年8月30日時点)
1位 宇都宮ブリッツェン 5,716p
2位 KINAN Cycling Team 4,381p
3位 マトリックスパワータグ 3,711p
4位 愛三工業レーシングチーム 3,332p
5位 TeamUKYO 2,729p
6位 弱虫ペダル サイクリングチーム 2,527p
Jプロツアー2020 個人ランキング
(2020年8月30日時点)
1位 小野寺 玲 1,587p
2位 ルバ トマ 1,498p
3位 ホセ トリビオ 1,497p
4位 増田 成幸 1,480p
5位 山本 元喜 1,462p
8位 レオネル キンテロ 1,289p