RACE REPORT

全日本選手権自転車個人タイム・トライアル・ロードレース

日付:
2017年06月23日
開催地:
青森県階上町 階上岳登山口周辺周回コース(13.0km)
距離:
13.0km×3周=39.0km
天候:
快晴 気温23℃
出走:
佐野 淳哉

”佐野淳哉が2位!昨年に続き表彰台”

2017年シーズン頂点の全日本選手権。シーズンはこの大舞台を境に折り返しとなる。
マトリックスからは昨年2位の佐野が参戦、もちろん今回も優勝候補として注目を浴びている。
佐野はロードレースで全日本チャンピオンのタイトル獲得をしているが、得意のTTではまだ栄冠を手にしておらず昨年も悔しい2位。今年こそ手にしたい。
そして昨年覇者、西薗良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)がやはり最有力候補。今年も両名のバトルは誰もが予想し期待する。
レースのラストを飾るこの対決、自分との戦いであるTTだが、先行する佐野と追う西薗との心理戦でもある。

マトリックスはチーム全力でのサポート体制、コース各所に分散してそれぞれ情報状況を伝えていく。
このコースは緩やかにアップダウンを含みながらの平坦基調だが、コーナー続く箇所などテクニカルな部分もある。
エントリーは30名、WAVE1/WAVE2に分けての出走。そして佐野は最終から2番目、ラスト西薗の順でスタートする。

気温はさほどだが陽射し強く暑い。風もなく影響はなさそうでまずまずのコンディション。
WAVE1でのトップは渡邊翔太郎(愛三工業レーシング)の50分59秒69、ラップ17分前後が目安でWAVE2がスタート。
更新したのは6人目に出走した小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)49分56秒41、先日行われたアジア戦U23のTTチャンピオンも優勝候補のひとり。
ここからタイムは50分を切る勝負となってくる。優勝候補に名前が挙がる残り8名が続いてスタートしていく。

小野寺の暫定トップを聞きながらいよいよ佐野がスタート、そして1分後に最終走者の西薗がスタートした。
1周目のタイムは岡篤志(宇都宮ブリッツェン)がトップに立ち、続いて西薗、佐野。2周目には西薗とのタイム差が15秒も開いてしまう。
各ポイントから佐野へ上げるよう指示を出す。佐野もここから気迫の追い上げで4秒差まで縮めてきた。
あとは上げて上げてと激飛ぶ中ラストラップへ。佐野は49分55秒04でトップ更新ゴール、しかしすぐに西薗が49分39秒76で入ってきた。
15秒リードで西薗が昨年に続く優勝、がっくりと肩を落とす佐野、いつもは穏やかな佐野が悔しさ隠せない表情。またも悔しい2位となった。

後で分かったことだが、残念ながら佐野の無線は故障し繋がっておらず、1周目後半からサポートの声は全く届いていなかった。
西薗とのタイム差を不安に思いながらの走行、2周目の追い上げも自らの感覚判断でのこと。少しでも情報が届いていれば・・・と悔やまれる結果となった。
しかし西薗の走行はやはり落ち着いており力強い冷静さがあった。佐野自身も機材の感触などをもう少し詰めるべきだったとの反省点もあるが、復調中にしては走れたとのこと。
悔しいが糧として次へ繋げていくしかない。

 

【結果】
1位 西薗良太(ブリヂストンアンカー) 49’39”76
2位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ) +15”28
3位 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) +16”65
4位 岡篤志(宇都宮ブリッツェン) +21”85
5位 小林海(NIPPOヴィーニファンティーニ)+1’02”25
6位 渡邊翔太郎(愛三工業レーシング) +1’19”93
7位 入部正太朗(シマノレーシング) +1’26”69
8位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン) +1’27”54
9位 石橋学(ブリヂストンアンカー) +1’32”85
10位 加藤達也(PARABOLA イワイ シーガル)+1’55”63

 

photo by Hideaki TAKAGI

Jプロツアー2020 チームランキング
(2020年8月30日時点)
1位 宇都宮ブリッツェン 5,716p
2位 KINAN Cycling Team 4,381p
3位 マトリックスパワータグ 3,711p
4位 愛三工業レーシングチーム 3,332p
5位 TeamUKYO 2,729p
6位 弱虫ペダル サイクリングチーム 2,527p
Jプロツアー2020 個人ランキング
(2020年8月30日時点)
1位 小野寺 玲 1,587p
2位 ルバ トマ 1,498p
3位 ホセ トリビオ 1,497p
4位 増田 成幸 1,480p
5位 山本 元喜 1,462p
8位 レオネル キンテロ 1,289p