やいた片岡ロードレース アイラン・フェルナンデスが2位!

2018年7月27日

7月22日(日)酷暑の中で開催されたJプロツアー第15戦は、暑さのため距離短縮となったがその暑さを上回る激しいデッドヒート。互いに削りあいながら絞り込まれたのは強豪チームのエースを乗せた9名。更にエース対決のゴールスプリントとなり、両者ハンドルを投げてのゴール勝負を制したのは鈴木龍(宇都宮ブリッツェン)。悔しくも僅差で2位となったのはアイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)、3位に入部正太朗(シマノレーシング)。今期の名勝負に名を残す一戦となりました。

ⓒSatoru Kato

Jプロツアー2021 チームランキング
最終(2021年10月17日更新)
1位 マトリックスパワータグ 9,385p
2位 TEAM BRIDGESTONE Cycling 8,306p
3位 愛三工業レーシングチーム 6,777p
4位 弱虫ペダル サイクリングチーム 5,430p
5位 シマノレーシング 4,672p
6位 CIEL BLEU KANOYA 3,456p
Jプロツアー2021 個人ランキング
最終(2021年10月17日更新)
1位 ホセ トリビオ 3,305p
2位 岡本 隼 2,980p
3位 今村 駿介 2,445p
4位 入部 正太朗 2,200p
5位 草場 啓吾 2,161p
6位 フランシスコ マンセボ 1,966p