経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ Jプロツアー最終戦は佐野淳哉が優勝!!チーム団体優勝!! ツアーは個人&チーム総合のダブルタイトルを獲得!!

2017年10月29日

10月28日(土)Jプロツアー最終戦はツアー最高峰AAAAの経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ。ツアー唯一の団体戦レースでもあり、栄光の輪翔旗を手にするため最後の着順までチーム間の激しいバトル。マトリックスは序盤から逃げに入った佐野淳哉が幾度もレース展開で再編する逃げに最後まで居続け大暴れし、ラスト3名から迫力のゴールスプリントで優勝!!チーム上位3名の成績で決まる団体戦はラストラップで単独追走をかけた吉田隼人が5位に食い込み、メインでは田窪が13位に入り、団体優勝!!チームの素晴らしい連携で欲しかった輪翔旗を掴みました!!

また、輪島ロードで既にツアー個人総合、団体総合の取得ポイントでは優勝に達していましたが、この最終戦をもって正式にJプロツアーの総合優勝が確定!!ホセ ビセンテ・トリビオの個人総合優勝、そして念願のチーム総合優勝も獲ることができ、長かったツアーを最高のカタチで終えることができました。

輪翔旗と優勝杯を大阪へ持ち帰ります。ご支援、応援いただいた皆様へ心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

また今回も撮影にご協力をいただきましたフォトグラファーの皆様のおかげで、ツアーを終え大切なメモリを残すことができました。本当にありがとうございました。

photo by gg_kasai

Jプロツアー2022 チームランキング
(2022年9月25日更新)
1位 マトリックスパワータグ 10,272p
2位 弱虫ペダル サイクリングチーム 5,061p
3位 愛三工業レーシングチーム 4,729p
4位 シマノレーシング 4,251p
5位 TEAM BRIDGESTONE Cycling 3,537p
Jプロツアー2022 個人ランキング
(2022年9月25日更新)
1位 小林 海 4,541p
2位 レオネル キンテロ 3,117p
3位 入部 正太朗 3,060p
4位 金子 宗平 2,456p
5位 岡本 隼 2,116p