国民体育大会ロードで大貴6位、スプリントで橋本優勝!ポイントレースで隼人3位!

2015年10月7日

わかやま国体、マトリックスも各所属都道府県で戦いました。

ロードレースで安原大貴が6位入賞。続くトラックの部、スプリントで橋本凌甫が優勝!ポイントレースでは吉田隼人が3位!

KT3B0507

大貴 隼人

 

Jプロツアー2022 チームランキング
(2022年9月19日更新)
1位 マトリックスパワータグ 10,066p
2位 愛三工業レーシングチーム 4,729p
3位 弱虫ペダル サイクリングチーム 3,901p
4位 KINAN Racing Team 3,452p
5位 TEAM BRIDGESTONE Cycling 2,968p
Jプロツアー2022 個人ランキング
(2022年9月19日更新)
1位 小林 海 4,541p
2位 レオネル キンテロ 3,117p
3位 入部 正太朗 2,385p
4位 岡本 隼 2,116p
5位 金子 宗平 2,056p