群馬CSCロード

2015年4月27日

嬉しさ持ち帰りまであと2時間ほど。 予想どおりスタートアタックから、大貴がフラビオと逃げるが2周目には吸収。睨み合い続く中、6周目にできた7名の逃げにはアイランが乗るもまた吸収、すぐに11名の逃げができ、ベンジャがのる。しばらく先行するがメインからの追走の動きが激しく、10周目には10名の追走、ホセ、アイランが入る。12周目には先頭とジョインしマトリックス3名が入る。やがて16周目には先頭が割れ11名、ホセ入る。アイラン、ベンジャはメインに。後半向けメインがペース上げ先頭に迫り18周目に吸収、集団ひとつ。ここで右京のプジョルがアタック、単独先行。プジョル最終周回後半まで逃げるが、ゴール前ホームストレートでメインが捉え集団スプリントへ。マトリックスはバックストレートからアイラン先導で隼人のスプリント体制へ。前面がっちり右京固めのスプリント開始、そこへ隼人発射、皆が声を上げるほど大きく伸び圧巻のゴール!優勝決めました。 昨日和田の四十九日を迎え天界へ送る勝利、和田とともに戦い終えました。 皆さまの応援からも大きな力をいただきました。応援ありがとうございました!!

Jプロツアー2022 チームランキング
(2022年5月15日更新)
1位 マトリックスパワータグ 5,195p
2位 愛三工業レーシングチーム 2,085p
3位 TEAM BRIDGESTONE Cycling 1,861p
4位 シマノレーシング 1,360p
5位 備後しなまみeNShare 1,007p
Jプロツアー2022 個人ランキング
(2022年5月15日更新)
1位 小林 海 2,290p
2位 レオネル キンテロ 1,920p
3位 岡本 隼 960p
4位 松田 祥位 900p
5位 大町 健斗 845p