ジャパンカップ

2016年10月23日

序盤からの逃げ容認で安定したメインでマトリックスも展開していましたが、8周目、ホセのトラブルによりバイク交換、対応したアイランが自バイクを渡し残念ながらアイラン離脱。ホセもスペアでのレース続行は厳しく最終局面のアタックに乗りきれず粘った34位、なんとかuciポイント圏内でゴールしました。応援ありがとうございました!

Jプロツアー2022 チームランキング
(2022年6月19日更新)
1位 マトリックスパワータグ 7,260p
2位 愛三工業レーシングチーム 2,845p
3位 シマノレーシング 2,100p
4位 TEAM BRIDGESTONE Cycling 1,895p
5位 KINAN Racing Team 1,270p
Jプロツアー2022 個人ランキング
(2022年6月19日更新)
1位 小林 海 3,340p
2位 レオネル キンテロ 2,650p
3位 岡本 隼 1,155p
4位 中井 唯晶 980p
5位 ホセ トリビオ 940p