群馬ロード2

2016年4月25日

序盤から逃げる田窪含む先頭に隼人含む4名が追いつき13名の逃げ。 容認された先頭とは一時3分40秒まで開きレースは折り返し後半へ。 先頭に入っていないチーム右京が集団を引き差を縮める動きに人数は徐々に減っていく消耗戦。残り5周回から先頭も疲れが見えてき人数絞られていく。マトリックス、ブリッツェン、アイサンが動く先頭と、右京の引きに反応し積極的に動くマトリックス。いずれもトップチームはコマを減らしながら最後は佐野の猛烈引きで先頭キャッチしそうなままラストラップへ。 吸収際から単独アタックしたニールプライドのロイックの動きに反応した集団は20名ほど、マトリックスで残るはホセ。ゴール寸前にロイックをキャッチしスプリントを制したのは昨日の覇者チーム右京のジョン・アベラストゥリ、ホセ4位。表彰台は逃したが積極的にレース牽引したのは次戦への掴みへ! 応援ありがとうございました。

Jプロツアー2020 チームランキング
(2020年10月11日時点)
1位 マトリックスパワータグ 8,316p
2位 宇都宮ブリッツェン 7,332p
3位 KINAN Cycling Team 6,311p
4位 愛三工業レーシングチーム 5,558p
5位 TeamUKYO 4,290p
Jプロツアー2020 個人ランキング
(2020年10月11日時点)
1位 レオネル キンテロ 3,084p
2位 ホセ トリビオ 2,772p
3位 大前 翔 2,695p
4位 ルバ トマ 2,079p
5位 山本 元喜 1,977p