RACE REPORT

JBCFやいた片岡ロードレース

“アイラン・フェルナンデスが2位!”

Jプロツアー第15戦(レイティングAAA)

栃木で連戦のJプロツアー2日目はロードレース。
前日のクリテリウムでの巻き返しを図るべく、チームでの意思合わせを入念に行い、スタートラインへ立つ。
気温は更に2℃ほど高い予想、また攻めのポイントとなる大きな丘“コリーナベルグ”を含んだコースでのロードレースは、酷暑も含めかなり厳しいと予想され、距離を1周縮め全8周回としてスタートした。

スタートから激しいアタック戦となり、いつも積極的なシマノレーシングとともにマトリックスもアタックをかける。2周目には大貴やシマノを含む4名の逃げ。メインは容認し、1分程度の差を保ち周回を重ねる。

安原大貴(マトリックスパワータグ)
小山貴大、中田拓也(シマノレーシング)
渡邉 歩(EQADS)

メインは宇都宮ブリッツェンがコントロールし、前週のレース同様に冷静に機を窺う様子。しばらくこの状況のままでレースが進行していくが、落ち着いたように見える集団も酷暑と厳しいコースから脱落者が出始める。徐々に人数は減っていく中、マトリックスは全員健在で終盤の動きに備える。

5周目、メインはブリッツェンがコントロールのまま徐々に先頭との差を詰めていく中、道幅の狭い区間で宇都宮ブリッツェンから岡篤志、雨澤毅明の2名がアタック。残るブリッツェンは前面固め追走をブロックする絶妙な戦法を見せ、2名を行かせる。その中から佐野を含む4名がすり抜け2名を追う。

佐野淳哉(マトリックスパワータグ)
岸 崇仁、樋口峻明(那須ブラーゼン)
織田 聖(弱虫ペダル サイクリングチーム)

しかし、その間に岡と雨澤は大貴ら先頭にジョイン。そして佐野らも追いつくと、同時に岡が更に飛び出し単独逃げに。そこへ後続が佐野らへ追いつき残るメインは40名ほど。今度はマトリックスとシマノレーシングで先頭の岡とのタイム差を30秒程度で保ちながらコントロールをする。

ラストラップへ入るとメインは活性しながら先頭の岡を吸収、ひとつになった集団は活性し、人数は削られていきながら最後の丘の上りで更に激しいアタック戦が始まる。そして抜けたのは9名、残り3km。マトリックスはアイラン、土井を含む。

アイラン・フェルナンデス、土井雪広(マトリックスパワータグ)
雨澤毅明、鈴木 譲、鈴木 龍(宇都宮ブリッツェン)
入部正太朗、木村圭佑(シマノレーシング)
西尾勇人(那須ブラーゼン)
米谷隆志(LEOMO Bellmare Racing Team)


勝負は強豪トップチームのエースを含む9名に絞られたが、3名入れたブリッツェンは優勢。更にそれぞれのエースへ繋ぐ激しいアタック戦で互いを削りあいながら残り1kmをきり、抜けたのは4名。アイラン、宇都宮ブリッツェンから鈴木龍、鈴木譲、シマノレーシングから入部正太朗でのエース勝負へ。

しかし宇都宮ブリッツェンが1枚上手、2名の巧みな連携からコーナーを抜け、上り基調の残り200mをゴールスプリント。対抗するアイランは鈴木龍と並び、差し込んだと思われ手を上げゴール。しかし審議判定で先に切ったのは鈴木龍、アイラン非常に惜しい2位となりました。

最後のゴール勝負は非常に残念でしたが勝ちへ向けたチームワークでの勝負ができました。
Jプロツアーはここで前半戦が終了、夏休みを経て再開は9月となります。しっかり総括し整えて後半戦へ、次こそ勝利を目指し戦います。
皆様の支えで無事シーズン前半を終えることができました。ありがとうございました。
引き続き応援よろしくお願いいたします。


【結果】
1位 鈴木 龍(宇都宮ブリッツェン) 2時間1分30秒
2位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ) +0秒
3位 入部正太朗(シマノレーシング)
4位 西尾勇人(那須ブラーゼン)
5位 米谷隆志(LEOMO Bellmare Racing Team) +1秒
6位 木村圭佑(シマノレーシング) +5秒
8位 土井雪広(マトリックスパワータグ)
12位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ)
18位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
37位 安原大貴(マトリックスパワータグ)
43位 向川尚樹(マトリックスパワータグ)
DNF 田窪賢次(マトリックスパワータグ)


【個人総合】
1位 窪木 一茂 2096p
2位 アイラン・フェルナンデス 1922p
3位 岡 篤志 1692p


photo by Satoru Kato