RACE REPORT

JBCF石川サイクルロードレース

Jプロツアー第13戦(レイティングAAAA)

自転車競技部の名門、学法石川高校からスタートする伝統的な公道レースで今年で17回目。これまで幾多のトップ選手が競技してきたレースで、アップダウンが続きながらもスピードが緩まないハードなコース。レイティングはAAAAと高設定、個々の実力差がしっかりと出る。そして海の日連休に辺りの開催が多く、夏本番の猛暑との戦いも伝統的である。全国的に熱中症警報などが出されている当日、石川町では午前中から30℃を超えレース中は35℃に達する猛暑日となった。

スタートから強豪トップチームでのアタック戦となり、早々からの互いの消耗を誘い合う。マトリックス、宇都宮ブリッツェン、シマノレーシング、KINAN Cycling Team、チームブリヂストンサイクリング、那須ブラーゼン。マトリックスはホセが積極的にアタックをかけ、2周目に入る頃にはホセと向川を含む8名の逃げができる。

ⓒSatoru Kato

ホセ・ビセンテ・トリビオ、向川尚樹(マトリックスパワータグ)
木村圭佑、中田拓也(シマノレーシング)
雨乞竜己、山本大喜(KINAN Cycling Team)
堀孝明(チームブリヂストンサイクリング)
柴田雅之(那須ブラーゼン)

ⓒSatoru Kato

メンバーに各強豪チームが入っていることからメインは容認するが、宇都宮ブリッツェンが入っていない。メインはブリッツェンがコントロールすることとなり前面を固める。通常であればもう少しタイム差をつけて前後ともに緩むところだが、ホセが入っている警戒を含むのか1分程度で睨みを利かせながら緩みきらないコントロールを続ける。これは強豪宇都宮ブリッツェン自らの消耗を促すことにもなり、マトリックスにとっては有利な先攻でレースが進行することになる。

ⓒShizu Furusaka

ⓒShizu Furusaka

しかし酷暑とハードなコース周回に徐々に脱落者が出始め、メインは少しずつ人数が減っていく状況だが宇都宮ブリッツェンがコントロールを継続し続ける。順調に先行するメンバーにも疲労の色が見え始め、少しずつドロップしていき残り2周回にはホセを含む4名に。ホセ、木村、堀、柴田の4名になり、それまで温存させながら回していたホセも脚の消費頻度が増えることになっていく。

ⓒShizu Furusaka

やがて残り2周回、ここまで粘りコントロールし続けた宇都宮ブリッツェンは機を逃さずメインを引き上げ、ホセらを吸収しながらラストラップへ。

ⓒShizu Furusaka

激しいアタック戦が始まる中、そのまま前を固め続けていた宇都宮ブリッツェンから次々に抜け出し、雨澤毅明、続いて鈴木龍。ここに対応できたのはシマノレーシングのみで、横山航太、入部正太朗が追走、そこへ宇都宮ブリッツェンから岡篤志がつき、前は5名が抜けた。まさに形勢転じた瞬間、マトリックスはこの動きを逃し完全に置いていかれ不利な立場へ転じてしまう。

ペースが上がったメインも崩壊し、残るのは15名ほど。ここには地元でもあるリーダーの窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)も入っており、マトリックスは佐野、土井が残る。このメンバーで懸命に追うが届かず、先頭は1分先行で雨澤、鈴木、入部の3名でのゴールスプリントへ。圧倒的有利となった宇都宮ブリッツェンから鈴木龍が勝利、続いて粘りきった入部、そして雨澤。そしてまだ続く宇都宮ブリッツェンから岡・・・
メインはリーダー窪木を含む7名に絞られマトリックスは佐野のみが残りゴールへ、佐野は8位でゴールしチーム最高位。

ⓒShizu Furusaka

チームは勝負に全く絡めず惨敗を喫することになった。

「敗因などなく単にウチが弱く、宇都宮ブリッツェンやシマノレーシングが強かった、ただそれだけだ」と監督のコメントは厳しい。不利かと思われる形勢を見事有利へ変換した宇都宮ブリッツェンは素晴らしい戦いぶりだったと語る。先攻有利から不利へ転じ苦杯をなめる今回の結果、整え引き締め直します。

【結果】
1位 鈴木 龍(宇都宮ブリッツェン) 2時間42分34秒
2位 入部正太朗(シマノレーシング) +0秒
3位 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン) +6秒
4位 岡 篤志(宇都宮ブリッツェン) +28秒
5位 才田直人(LEOMO Bellmare Racing Team) +59秒
6位 窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング) +1分1秒
8位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ
39位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
40位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
60位 土井雪広(マトリックスパワータグ)
DNF 安原大貴(マトリックスパワータグ)
DNF 向川尚樹(マトリックスパワータグ)
DNF 田窪賢次(マトリックスパワータグ)

【個人総合】
1位 窪木 一茂 2021p
2位 アイラン・フェルナンデス 1610p
3位 岡 篤志 1601p

photo by Satoru Kato、Shizu Furusaka