RACE REPORT

ツアー・オブ・ジャパン2018 第3ステージいなべ

UCIアジアツアー2.1
5/20(日)~5/27(日)堺~東京までの全8日間8ステージ
総走行距離 = 764.0km
総獲得標高 = 12,982m


【第3ステージいなべ】

日付:2018年5月22日(火)
開催地:三重県いなべ市 阿下喜駅前~いなべ周回コース14.8km~いなべ市梅林公園 
距離:8.6km+14.8km×8周回=127.0km SP×2回、KOM(M2)×2回
天候:快晴 気温24℃ 
出走選手:6名 ホセ・ビセンテ・トリビオ、アイラン・フェルナンデス、佐野淳哉、土井雪広、安原大貴、間瀬勇毅


京都ステージとタイプは同じく、アップダウンの激しいコースは選手たちの脚を削り、タフさとテクニカルな要素とが必要とされるステージ。前半のポジション争いでこのステージも早々から動くと思われる。

リアルスタート直後に大きな落車があり、集団は序盤から絞り込まれるレースとなる。マトリックスは幸い難を逃れることができたが、有力選手も多く含み荒れ模様のレース展開となっていく。

先行するのは2名、小石祐馬(チーム右京)とダミアン・モニエ(愛三工業レーシングチーム)
メインは容認し2名先行のまま周回を重ねていく。落車で散り散りとなっていた後方も徐々にまとまりひとつの大集団となる。 マトリックスは全員がメイン集団内、メインはリーダーチームのバーレーン・メリダが終始完全コントールのまま終盤へ。

残り2周、バーレーン・メリダが先頭を固めたままペースが一気に上がっていく。そして先頭はついに吸収、集団はバラバラに分断され、抜けたのは20名ほど。そこにホセ、土井、大貴が入っている。メンバーには、リーダーのグレガ・ポレや総合争うマルコ・カノラを含み更にペースアップしていく。 脱落する者、また後方から上がってくる者とが入れ混ざりながらも集団のゴールスプリントへ。先に抜けた5名から獲ったのはチームコントロールし続けたリーダーのグレガ・ポレ。バーレーン・メリダの見事な守り勝ち、マトリックスはホセが3番目グループの7秒差、16位が最高位となった。

バーレーン・メリダの完璧な守りでリーダーをキープしたグレガ・ポレ。しかし1秒差を争うNIPPOのマルコ・カノラは2位で熱い総合争いは翌ステージも続くと思われる。平坦基調だが距離が長い美濃ステージは休息的なステージと言われるがこの時点でのリザルトでは微妙、雨予報でもあり落ち着いて勝負していきたい。


photo by Satoru Kato

 

[いなべステージ結果]
1位 クレガ・ボーレ(バーレーン・メリダ) 3時間11分57秒
2位 マルコ・カノラ(NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ) +0秒
3位 イアン・ビビー(JLTコンドール)
4位 窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)
5位 サム・クローム(ベネロング・スイスウェルネス)
6位 トマ・ルバ(キナンサイクリングチーム) +3秒
7位 マルコス・ガルシア(キナンサイクリングチーム)
8位 ミッヘル・ライム(イスラエルサイクリングアカデミー)
9位 中根英登(NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)
10位 ベンジャミ・プラデス(チーム右京)
16位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) +7秒
34位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ) 
42位 土井雪広(マトリックスパワータグ)
45位 安原大貴(マトリックスパワータグ)
60位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
74位 間瀬勇毅


【個人総合】
1位 グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ) 6時間4分24秒
2位 マルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ) +5秒
3位 イアン・ビビー(イギリス、JLTコンドール) +9秒
4位 サム・クローム(オーストラリア、ベネロング・スイスウェルネス) +17秒
5位 岡 篤志(宇都宮ブリッツェン)
6位 ミッヘル・ライム(エストニア、イスラエルサイクリングアカデミー) +18秒
15位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) +30秒
34位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ) +1分32秒
52位 土井雪広(マトリックスパワータグ) +5分25秒
59位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ) +6分54秒
61位 安原大貴(マトリックスパワータグ) +7分41秒
67位 間瀬勇毅(マトリックスパワータグ) +9分08秒


[チーム総合]
1位 チーム右京 18時間14分25秒
2位 NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ +1秒
3位 キナンサイクリングチーム +5秒
11位 マトリックスパワータグ +3分17秒

photo by Satoru Kato