RACE REPORT

JBCF 那須ロードレース

”ホセ・ビセンテが2位!ルビーレッドジャージをキープ”

Jプロツアー第6戦 


那須ブラーゼンの施設である那須ブラーゼンベース前を通る周回コースで、緩やかなアップダウンを含む平坦基調コースである。
朝から全く不安のない快晴の夏日。今回はJプロツアーで初のチームカー導入を試み随行させる。
マトリックスは新たにリーダーとなったホセ、そしてゴール勝負なら隼人との2枚看板でスタートラインに立つ。

 

華々しくセレモニーを終えスタートしたが、直ぐに緊急の一報、下り区間で大落車が発生しレース中断とのこと。
幸いチームからは巻き込まれた者は出なかったが、強豪チームそれぞれ何名か巻き込まれている。
中断待機が延び、3周短縮した全12周回で再スタートとなった。

距離短いためかスタートから激しくアタックがかかりハイペース展開。アタック⇔吸収を繰り返している。


4周目にダミアン・モニエ(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)がアタックすると集団は引き伸ばされ14名の逃げに。
マトリックスはここに隼人と佐野が乗る。

吉田隼人、佐野淳哉(マトリックスパワータグ)
阿部嵩之、雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)
木村圭佑、入部正太朗(シマノレーシング)
原田裕成(愛三工業レーシングチーム)
吉岡直哉、下島将輝(那須ブラーゼン)
椿 大志(KINAN Cycling Team)
中村龍太郎(イナーメ信濃山形)
ダミアン・モニエ、鈴木 龍(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
高木三千成(東京ヴェントス)

各チーム乗せているためメインは一旦落ち着きコントロールに入る。徐々にタイム差が開き6周目には1分30秒ほど。
そこへメインから初山翔(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)がアタックすると、即ホセがつき、他数名も加え5名が追走をかける。

ホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)
初山 翔(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)
早川朋宏(愛三工業レーシンッグチーム)
湊 諒(シマノレーシング)

やがて5名は8周目に先頭へ合流し先頭19名の大きな集団。一方メインは人数が絞られてきているが各チーム押さえのコントロールでその差3分へ。
まだ後半へ向けての展開も残しているであろう状況であったが、タイム差開きすぎだとこのメインがそのまま足切りとされてしまう。
ここで先頭へ乗せている状況がチームの明暗を分けることとなる。マトリックスはホセ、隼人で展開に合わせた勝負ができ、強靭アシストの佐野がつき良い状況、この3名で勝負。

残り3周、残された19名は活性し始めアタックの仕掛けあいが始まる。佐野が都度アタック潰しに動くが隼人がドロップしてしまい、勝負はホセに託す。
各チームのアタックにそれぞれダミアンや阿部も応戦、決まらないままラストラップへ。
ホセも何度かアタックをかけるがダミアン、阿部が許さない。佐野、ダミアン、阿部のアシスト勢の激しい戦いは先頭を譲らずペースを上げたままゴール勝負へ突入していく。
ダミアンから絶妙のタイミングで繋いだ初山が鈴木を連れてリードしスプリントへ。ホセ粘り追うも前に出れず鈴木優勝、ホセ2位、小野寺3位。
完走はこのたった19名、新規那須大会は予想覆す波乱の2日間となった。

ホセは総合トップの座を更にリードし、隼人その下につけ3位以下を大きく引き離している。


この後は選手にとって最高の栄冠を目指す全日本選手権。各々の様々な思いを乗せて更なる大遠征、青森へと赴く。


【順位】
1位 鈴木龍(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)2時間50分05秒
2位 ホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)
3位 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)
4位 木村圭佑(シマノレーシング)+01秒
5位 早川朋宏(愛三工業レーシングチーム)+02秒
6位 中村龍太郎(イナーメ信濃山形)+03秒
7位 初山翔(ブリヂストンアンカー)+06秒
8位 椿大志(KINAN Cycling Team)
9位 高木三千成(東京ヴェントス)+07秒
10位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ)
17位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)
DNF 向川尚樹(マトリックスパワータグ)
DNF アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
DNF 田窪賢次(マトリックスパワータグ)
DNF 土井雪広(マトリックスパワータグ)


photo by Hideaki TAKAGI