RACE REPORT

JBCF 宇都宮ロードレース

“吉田隼人が2位!チーム個人ともに総合リーダーに立つ!!”

Jプロツアー第2戦 

開幕戦勝利の喜びの中、監督もやっとチームへ合流し再び皆で喜びを分かち合う。
チームの士気は高まりよい雰囲気、「このまま連勝するぞ!」
翌日のロードレースは全く別物、各チーム明日は上り強い脚質の選手をエースとして戦略を立てるだろう。
マトリックスとてそれは同じ、周囲はホセ、土井をエースとして予想するであろう。もちろん間違いではない。

しかし、隼人のジャージは守りたい。ところがクリテリウムはツアーとしてはエキシビジョン的な設定であるため、ツアーポイントが低いのである。
本格的なポイント設定はこのロードレースから。このリザルトで全てランキングは変わってしまう。
この上り戦的なレースで3位以内に入らなければリーダーは奪われてしまう、厳しい現実。
監督は確信している「今の隼人なら絶対イケる、優勝もできる」と。
”エースは隼人”チーム一丸で明日も獲りに行く。

当日も快晴、更に朝から温かい。
総合リーダーの隼人は華々しく紹介を受けてスタートライン中央に立つ。(このジャージは絶対に離さない)
パレードを終え、レースがスタートした。

散発的なアタックがかかるも大きな動きには至らず、淡々とレースが進行する。
約9分ほどで周回する中、ついていけない者は後方から落ちて行き徐々に人数が減っていく。
前方で動きを見せるのは前日同様、KINAN Cyclimg Team、シマノレーシング、愛三工業レーシングチーム。
マトリックスは大貴、田窪、佐野が、宇都宮ブリッツェンも落ち着いて様子を見ながらも、都度反応して阻止にまわっている。

残り3周回辺り、土井を中心にマトリックスは前方へ出て行く。反応したかのように宇都宮ブリッツェンも前方に出てきた。
チームを巧みに牽引する土井の動きにはかなり敏感に反応している様子。そして佐野が引き伸ばしを計る。
残り2周、先頭はマトリックスと宇都宮ブリッツェンとの仕掛け合いとなってきた。
土井のコントロールにアイランとホセが隼人を擁護している。隼人の表情には余裕がある。
ペースは上がり集団分散するが、短い周回での緩急に集団はなかなか切れず、またひとつのままラストラップへ。

激しいアタックを繰り返しながらも決まらず集団のまま最後の上り区間へ。
集団コントロールはマトリックスとブリッツェンが争いながら前を取り合い、予想外の集団ゴールとなりそう。
土井が隼人を牽引して前方へ、ペースアップした上りは縦長、前方には隼人、増田成幸(宇都宮ブリッツェン)と吉岡直哉(那須ブラーゼン)

土井の牽引で隼人前へ

残り300m辺りで隼人と増田が牽制気味になった一瞬を突いて吉岡がアタック。
即座に反応するも追いつけず、吉岡そのまま先行し優勝。隼人2位、続く増田3位。
ここまで好展開で進めれたのなら優勝したかったが、隼人は上れる強さもしっかりと見せてリーダーをキープ。ルビーレッドジャージを更にフィットさせた。
「今日は僕より強い人がひとりいたんだ。」と隼人。また彼が一番強い別の日へ向けてのひと言であろう。

この後、今季初のUCIレース「ツール・ド・とちぎ」へ向け、チームは更に上げて行きます。


【監督のコメント】
絶対勝てると思ったけど、今季Jプロ登録しなかった例のチームのGMが来たので、みんなびびって脚がすくんだ。
あ~、いてなかったら勝ったのに・・・

【順位】
1位 吉岡直哉(那須ブラーゼン)          1h42’49”
2位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)        +01”
3位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)          +02”
4位 岡篤志(宇都宮ブリッツェン)
5位 西村大輝(シマノレーシング)           +03”
6位 野中竜馬(KINAN Cycling Team)          +04”
7位 早川 朋宏(愛三工業レーシングチーム)       +07”
8位 横塚 浩平(LEOMO Bellmare Racing team)     +09”
9位 ホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)     +12”
10位 谷順成(VICTOIRE 広島)             +13”
17位 安原大貴(マトリックスパワータグ)
32位 土井雪広(マトリックスパワータグ)
39位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
47位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ)
56位 田窪賢次(マトリックスパワータグ)
65位 中川智(マトリックスパワータグ)


photo by Hideaki TAKAGI