RACE REPORT

JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ

”佐野淳哉が3位!”

ⓒgg_kasai

Jプロツアー第17戦(レイティングAA 個人ポイントのみ)

2日目は恒例のタイムトライアルチャンピオンンシップ(以下TT)。前日TTTはチーム戦のため個人ランキングへの反映は無いが、TTは総合争いにも影響してくる。今年の全日本TTチャンピオンでもありツアーリーダーでもある窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)が最有力候補。そしてこれまで幾度もタイトルを獲っている増田成幸(宇都宮ブリッツェン)もその復調ぶりを前日に見せている。もちろん昨年の覇者である佐野淳哉も負けてはいない、前日の走りでその好調ぶりはしっかりと確認できている。上位は間違いなくこの3名が含まれるであろう、そして他にもチームブリヂストンサイクリングや宇都宮ブリッツェンは個々にTTも強い。マトリックスも幾度もタイトルを獲っているホセがいる。ロードレースとは異なる静かな激しい戦いが始まる。

昨年の最速ラップタイムは佐野のラスト6分31秒で、6分40秒台での争いから上位のタイムは20分台前半。今年も同様だと思われるが湿度の高い曇天で例年より風が少ない、前日のTTTと似たようなコース状況となっている。このまま天候が持てばよいが雨天になるとかなり状況が異なる。105名を現ランキングに基づき約20名ごとに分けた全5ヒートで1分間隔での出走。上位候補は意外に分散しているが、多くは最終ヒートに含まれ、マトリックスはホセ、アイラン、そして最終2番目で佐野、最終はリーダー窪木がスタートする。

ⓒKENSAKU SAKAI

ⓒKENSAKU SAKAI

ⓒKENSAKU SAKAI

ラップ7分台、タイム21~22分台からスタートしている中、第1ヒートに含まれていたTTスペシャリスト阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)が20番目に出走し20分32秒、いきなりハードルを上げる。そして怪我のため休戦していた増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が早々30番目に出走し、最速ラップ6分31秒でなんと19分43秒のコースレコード。後半の上位候補者へ強いプレッシャーがかかる。

以降はTT強い宇都宮ブリッツェン勢などが次々とタイムを出していくが19分をきることはできず増田には届かない、そして最終ヒートへ・・・
83番目のホセがスタートラインにつく頃に雨が勢いよく降り出し風も出てくる。

ⓒKENSAKU SAKAI

すっかりウェットになったコースへ向けてホセがスタート。このコンディション変化の影響もありホセはタイムが伸びず暫定5位タイムでのゴール。

ⓒKENSAKU SAKAI

その後の上位候補者もタイムが出ずラップは6分40秒台から抜け出せない。

ⓒKENSAKU SAKAI

止まぬ雨の中、いよいよ佐野がスタート。

ⓒKENSAKU SAKAI

そしてその1分後にリーダー窪木がスタートした。

後半型の佐野は1周目を6分46秒、昨年の1周目より早い。

ⓒKENSAKU SAKAI

いつもであれば一気に2周目から上げていくが雨天の影響か思うようにタイムが上がる様子がない。

ⓒKENSAKU SAKAI

一方の窪木は1周目をなんと6分33秒、空を切るような走りで2周目へ抜けていく。佐野は2周目を6分44秒でラストラップへ、かかり苦戦している様子が窺える。

ⓒKENSAKU SAKAI

得意のラスト一気上げでも増田へ届くのはかなり厳しいタイム差となってきた。

ⓒgg_kasai

そこへ帰ってきた窪木は6分36秒、トップの増田を上回ったままラストラップへ。佐野はタイムが上がらないまま20分24秒でゴール、

ⓒgg_kasai

そして窪木はラストラップ6分31秒へ上げて19分41秒の更にコースレコード更新でゴールし増田を抜いて優勝。佐野は3位となった。

ⓒKENSAKU SAKAI

前日TTTからのコンディショニングも大きな要素。窪木、増田ともにそれを含めて強さを見せた結果、佐野にはやはり疲労度が影響していたと思う。そしてそれはチーム力の影響も大きい、とコメントする監督。TTTとTTの連戦は、これも厳しいチーム戦であったことは否めない。シーズン一度しかないこの競技、来年は勝利したい。
直ぐにツールド北海道、整えUCIレースへ臨みます。


【結果】
1位 窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング) 19分41秒9
2位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +1秒
3位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ) +42秒
4位 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) +44秒
5位 岡 篤志(宇都宮ブリッツェン) +45秒
6位 才田直人(リオモ・ベルマーレレーシングチーム) +48秒
7位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)
8位 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)
9位 原田裕成(チームブリヂストンサイクリング)
10位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
17位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
33位 安原大貴(マトリックスパワータグ)
49位 向川尚樹(マトリックスパワータグ)
DNF 土井雪広(マトリックスパワータグ)

photo by KENSAKU SAKAI,gg_kasai

JBCFチームタイムトライアルチャンピオンシップ

”マトリックスパワータグ2位!”

ⓒSatoru Kato

Jプロツアー第16戦(特設レイティング チームポイントのみ)

Jプロツアーで2年ぶりに復活したチームタイムトライアル(以下TTT)。2年前に開催の白浜大会ではマトリックスが優勝を決めている。当時は非常に風の強い中で14kmを平均時速46.85km。今回のコースは毎年個人タイムトライアルが行われており、昨年同コース同距離で佐野が優勝している。その時のタイムは20分00秒08、ラップタイム6分40秒前後。これを参考タイムとすれば、ラップ6分20秒辺りの18分台が最速の争いだと思われる。

先日のシマノ鈴鹿でのTTT結果が現実的なデータとなる。圧倒的な速さを見せて優勝した宇都宮ブリッツェンが最有力候補、何より地元で馴染んだコースであるには違いない。また、2位であったツアーリーダーである窪木一茂を擁するチームブリヂストンサイクリングは今回もトラックスペシャリスト揃い。この2チームのタイムがポイントとなってくるであろう。
チーム戦は格別なものがあり、後半戦の始めはチーム戦を勝利して士気を上げるきっかけとしたい。チームは前日、限られた時間ではあるがコースで合わせ隊列を確認し、入念な打ち合わせを行う。

前日も試走中に雷雨となり全国的に不安定な天候が続いている。当日の予報は降水確率が高く微妙であるが、なんとか曇天のまま保っており蒸し暑いが風が少ない。例年よりもタイムは上がる予想。
レースは3チームずつのヒート制、全6ヒートで行われ、マトリックスは最終ヒートで宇都宮ブリッツェンとの対決。先ずはひとつ前のヒートに出走するチームブリヂストンサイクリングのタイムが気になるところ。

ラップタイムは7分台から始まり、後半になるにつれトップタイムが更新されていく。第4ヒートでのイナーメ信濃山形がラップ6分30秒をきり19分42秒で大きくタイム更新。そして第5ヒートでは注目のチームブリヂストンサイクリングが19分23秒。ラップタイムは最速6分23秒を出してきた。

ⓒShizu Furusaka

いよいよ最終ヒート、マトリックスが先にスタートラインに立つ。これまでの19分台を切り18分台を目標にスタート。
1周目6分28秒と好調スタートだったが対するブリッツェンは6分22秒と大きく差をつけてくる。

ⓒSatoru Kato

マトリックスは更に2周目上げて6分12秒の最速を出すもブリッツェンはなんと6分07秒で大きく最速更新。

ⓒShizu Furusaka

3位以下を大きく離す最速争いとなり、マトリックス渾身ラストラップも同タイム6分12秒をキープし健闘したが、なんとブリッツェンは上回る6分11秒。マトリックスは最終18分53秒383。

ⓒSatoru Kato

互いにこれまでのタイムを大きく更新したが、宇都宮ブリッツェンの優勝タイムは18分41秒316。常に上回られての悔しい2位となった。

ⓒSatoru Kato

Jプロツアー久しぶりのTTT、やはり美しく華がある走りはプロならではの見せ場。次回こそ優勝したい。
翌日は佐野の連覇をかけての個人タイムトライアル。TTTで見せた好調ぶりを翌日へ持ち込み連覇を狙う。


【結果】
1位 宇都宮ブリッツェン(増田、小野寺、雨澤、鈴木譲、岡、阿部) 18分41秒31(51.4km/h)
2位 マトリックスパワータグ(ホセ、アイラン、佐野、土井、向川、安原) +12秒
3位 チームブリヂストンサイクリング (大久保、窪木、原田、堀) +41秒
4位 イナーメ信濃山形(中村、佐野、北野、小室、河田、筧) +56秒
5位 那須ブラーゼン(下島、岸、柴田、吉田、西尾、樋口) +1分1秒
6位 LEOMO Bellmare Racing Team(米谷、才田、岩瀬、小嶋、加地、宮澤) +1分25秒

photo by Satoru Kato,Shizu Furusaka

JBCFやいた片岡ロードレース

“アイラン・フェルナンデスが2位!”

Jプロツアー第15戦(レイティングAAA)

栃木で連戦のJプロツアー2日目はロードレース。
前日のクリテリウムでの巻き返しを図るべく、チームでの意思合わせを入念に行い、スタートラインへ立つ。
気温は更に2℃ほど高い予想、また攻めのポイントとなる大きな丘“コリーナベルグ”を含んだコースでのロードレースは、酷暑も含めかなり厳しいと予想され、距離を1周縮め全8周回としてスタートした。

スタートから激しいアタック戦となり、いつも積極的なシマノレーシングとともにマトリックスもアタックをかける。2周目には大貴やシマノを含む4名の逃げ。メインは容認し、1分程度の差を保ち周回を重ねる。

安原大貴(マトリックスパワータグ)
小山貴大、中田拓也(シマノレーシング)
渡邉 歩(EQADS)

メインは宇都宮ブリッツェンがコントロールし、前週のレース同様に冷静に機を窺う様子。しばらくこの状況のままでレースが進行していくが、落ち着いたように見える集団も酷暑と厳しいコースから脱落者が出始める。徐々に人数は減っていく中、マトリックスは全員健在で終盤の動きに備える。

5周目、メインはブリッツェンがコントロールのまま徐々に先頭との差を詰めていく中、道幅の狭い区間で宇都宮ブリッツェンから岡篤志、雨澤毅明の2名がアタック。残るブリッツェンは前面固め追走をブロックする絶妙な戦法を見せ、2名を行かせる。その中から佐野を含む4名がすり抜け2名を追う。

佐野淳哉(マトリックスパワータグ)
岸 崇仁、樋口峻明(那須ブラーゼン)
織田 聖(弱虫ペダル サイクリングチーム)

しかし、その間に岡と雨澤は大貴ら先頭にジョイン。そして佐野らも追いつくと、同時に岡が更に飛び出し単独逃げに。そこへ後続が佐野らへ追いつき残るメインは40名ほど。今度はマトリックスとシマノレーシングで先頭の岡とのタイム差を30秒程度で保ちながらコントロールをする。

ラストラップへ入るとメインは活性しながら先頭の岡を吸収、ひとつになった集団は活性し、人数は削られていきながら最後の丘の上りで更に激しいアタック戦が始まる。そして抜けたのは9名、残り3km。マトリックスはアイラン、土井を含む。

アイラン・フェルナンデス、土井雪広(マトリックスパワータグ)
雨澤毅明、鈴木 譲、鈴木 龍(宇都宮ブリッツェン)
入部正太朗、木村圭佑(シマノレーシング)
西尾勇人(那須ブラーゼン)
米谷隆志(LEOMO Bellmare Racing Team)


勝負は強豪トップチームのエースを含む9名に絞られたが、3名入れたブリッツェンは優勢。更にそれぞれのエースへ繋ぐ激しいアタック戦で互いを削りあいながら残り1kmをきり、抜けたのは4名。アイラン、宇都宮ブリッツェンから鈴木龍、鈴木譲、シマノレーシングから入部正太朗でのエース勝負へ。

しかし宇都宮ブリッツェンが1枚上手、2名の巧みな連携からコーナーを抜け、上り基調の残り200mをゴールスプリント。対抗するアイランは鈴木龍と並び、差し込んだと思われ手を上げゴール。しかし審議判定で先に切ったのは鈴木龍、アイラン非常に惜しい2位となりました。

最後のゴール勝負は非常に残念でしたが勝ちへ向けたチームワークでの勝負ができました。
Jプロツアーはここで前半戦が終了、夏休みを経て再開は9月となります。しっかり総括し整えて後半戦へ、次こそ勝利を目指し戦います。
皆様の支えで無事シーズン前半を終えることができました。ありがとうございました。
引き続き応援よろしくお願いいたします。


【結果】
1位 鈴木 龍(宇都宮ブリッツェン) 2時間1分30秒
2位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ) +0秒
3位 入部正太朗(シマノレーシング)
4位 西尾勇人(那須ブラーゼン)
5位 米谷隆志(LEOMO Bellmare Racing Team) +1秒
6位 木村圭佑(シマノレーシング) +5秒
8位 土井雪広(マトリックスパワータグ)
12位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ)
18位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
37位 安原大貴(マトリックスパワータグ)
43位 向川尚樹(マトリックスパワータグ)
DNF 田窪賢次(マトリックスパワータグ)


【個人総合】
1位 窪木 一茂 2096p
2位 アイラン・フェルナンデス 1922p
3位 岡 篤志 1692p


photo by Satoru Kato

JBCF大田原クリテリウム

Jプロツアー第14戦(レイティングAc)

苦戦続きとなっている現状を打破すべく、チームは入念な意思合わせをして臨む。先週から日に日に過酷度を増していく夏の暑さは今回も警戒警報が出される酷暑となり、非常に厳しいコンディションが予想される。急遽距離を短縮しての開催としたが、それでも1時間を超える真昼中の激闘はかなり厳しいものとなった。

チームは序盤から戦略的に動きを見せて挑発し、敵方の消耗を促すことでレース主導を握り進行する。スタートから激しくアタックがかかる中、マトリックスからは大貴、佐野が動きを見せて挑発。この数戦、積極的な動きを見せる松田祥位(EQADS)がよく反応する。幾度もアタック⇔吸収を繰り返しながらの8周目、向川を含む7名の逃げが形成された。

向川尚樹(マトリックスパワータグ)
岡篤志(宇都宮ブリッツェン)
木村圭佑(シマノレーシング)
高木三千成(東京ヴェントス)
松田祥位(EQADS)
西尾勇人(那須ブラーゼン)
織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)

メインはこの逃げを容認し沈静、チームブリヂストンサイクリングが前面を固め20秒ほどの差を保ちながら周回を重ねる。徐々に集団の隊列はブリヂストン、宇都宮ブリッツェン、シマノレーシング、マトリックスで揃いながらの12周目には先頭を吸収。カウンターで仕掛けたのはマトリックス、ホセをきっかけにアイラン、佐野、土井が入る10名ほどで抜けたがこれをリーダーの窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)が自ら追走し吸収、15周目にはまた集団ひとつ。

15周完了時のスプリント賞を獲りに行った3名がそのまま抜け、集団はこれを追わず静観する。18周目に入ると大貴がアタックをかけ先頭へジョイン、先頭は大貴含む4名。

安原大貴(マトリックスパワータグ)
秋山 悟郎(ACQUA TAMA EURO-WORKS)
下島将輝(那須ブラーゼン)
小川恵佑(なるしまフレンド レーシングチーム)

メインは静観しながらも残り4周、徐々にチーム間での位置取りが始まる。ブリッツェン、シマノ、マトリックスはトレインを組んで前方へ、リーダーを擁するブリヂストンも少数ながらしっかり位置をキープする。ペースは更に上がり残り2周回、まだ粘る大貴らの先頭。この短いコースは最終コーナーをとることがポイント。そのための位置取り争いが激しくなり、集団をシマノレーシングが固めて城壁を築く。マトリックス、宇都宮ブリッツェンはその後ろで機を窺う状況、やがて大貴ら先頭を吸収しながらラストラップへ。脇からそれぞれのチームトレインが前に出るが先頭をとったのはブリッツェン。マトリックスも佐野、土井、アイランでラインをとりに行く。

残り2コーナーで佐野が先頭をとりガン引き開始、ここに後ろが繋がらずトレイン崩壊。ブリッツェンがしっかり後ろにつき佐野のスピードを上手く利用しラインを繋ぐ。最終コーナーを先頭で抜けた佐野はブリッェンの発射台となり、小野寺がしっかりと伸びて優勝。続くトレインから鈴木龍、あわやブリッツェンのワン・ツーかと思われるところをリーダーの意地で単独ねじ込んだストロング窪木が2位、そして3位に鈴木。アイランも必死で単独追い上げ6位でゴールした。

最終局面の位置取り争いで敗れたが、チームは最後まで連携よく繋ぐことはできた。この意気で翌日のロードレースに臨む。


【結果】
1位 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) 1時間14分27秒
2位 窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング) +0秒
3位 鈴木 龍(宇都宮ブリッツェン) +0秒
4位 黒枝咲哉(シマノレーシング) +1秒
5位 織田 聖(弱虫ペダルサイクリングチーム) +1秒
6位 アイラン・フェルナンデス・カサソラ(マトリックスパワータグ) +1秒
11位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ)
19位 土井雪広(マトリックスパワータグ)
28位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
40位 向川尚樹(マトリックスパワータグ)
64位 安原大貴(マトリックスパワータグ)

【個人総合】
1位 窪木 一茂 2096p
2位 アイラン・フェルナンデス 1655p
3位 岡 篤志 1610p


photo by Satoru Kato

JBCF石川サイクルロードレース

Jプロツアー第13戦(レイティングAAAA)

自転車競技部の名門、学法石川高校からスタートする伝統的な公道レースで今年で17回目。これまで幾多のトップ選手が競技してきたレースで、アップダウンが続きながらもスピードが緩まないハードなコース。レイティングはAAAAと高設定、個々の実力差がしっかりと出る。そして海の日連休に辺りの開催が多く、夏本番の猛暑との戦いも伝統的である。全国的に熱中症警報などが出されている当日、石川町では午前中から30℃を超えレース中は35℃に達する猛暑日となった。

スタートから強豪トップチームでのアタック戦となり、早々からの互いの消耗を誘い合う。マトリックス、宇都宮ブリッツェン、シマノレーシング、KINAN Cycling Team、チームブリヂストンサイクリング、那須ブラーゼン。マトリックスはホセが積極的にアタックをかけ、2周目に入る頃にはホセと向川を含む8名の逃げができる。

ⓒSatoru Kato

ホセ・ビセンテ・トリビオ、向川尚樹(マトリックスパワータグ)
木村圭佑、中田拓也(シマノレーシング)
雨乞竜己、山本大喜(KINAN Cycling Team)
堀孝明(チームブリヂストンサイクリング)
柴田雅之(那須ブラーゼン)

ⓒSatoru Kato

メンバーに各強豪チームが入っていることからメインは容認するが、宇都宮ブリッツェンが入っていない。メインはブリッツェンがコントロールすることとなり前面を固める。通常であればもう少しタイム差をつけて前後ともに緩むところだが、ホセが入っている警戒を含むのか1分程度で睨みを利かせながら緩みきらないコントロールを続ける。これは強豪宇都宮ブリッツェン自らの消耗を促すことにもなり、マトリックスにとっては有利な先攻でレースが進行することになる。

ⓒShizu Furusaka

ⓒShizu Furusaka

しかし酷暑とハードなコース周回に徐々に脱落者が出始め、メインは少しずつ人数が減っていく状況だが宇都宮ブリッツェンがコントロールを継続し続ける。順調に先行するメンバーにも疲労の色が見え始め、少しずつドロップしていき残り2周回にはホセを含む4名に。ホセ、木村、堀、柴田の4名になり、それまで温存させながら回していたホセも脚の消費頻度が増えることになっていく。

ⓒShizu Furusaka

やがて残り2周回、ここまで粘りコントロールし続けた宇都宮ブリッツェンは機を逃さずメインを引き上げ、ホセらを吸収しながらラストラップへ。

ⓒShizu Furusaka

激しいアタック戦が始まる中、そのまま前を固め続けていた宇都宮ブリッツェンから次々に抜け出し、雨澤毅明、続いて鈴木龍。ここに対応できたのはシマノレーシングのみで、横山航太、入部正太朗が追走、そこへ宇都宮ブリッツェンから岡篤志がつき、前は5名が抜けた。まさに形勢転じた瞬間、マトリックスはこの動きを逃し完全に置いていかれ不利な立場へ転じてしまう。

ペースが上がったメインも崩壊し、残るのは15名ほど。ここには地元でもあるリーダーの窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)も入っており、マトリックスは佐野、土井が残る。このメンバーで懸命に追うが届かず、先頭は1分先行で雨澤、鈴木、入部の3名でのゴールスプリントへ。圧倒的有利となった宇都宮ブリッツェンから鈴木龍が勝利、続いて粘りきった入部、そして雨澤。そしてまだ続く宇都宮ブリッツェンから岡・・・
メインはリーダー窪木を含む7名に絞られマトリックスは佐野のみが残りゴールへ、佐野は8位でゴールしチーム最高位。

ⓒShizu Furusaka

チームは勝負に全く絡めず惨敗を喫することになった。

「敗因などなく単にウチが弱く、宇都宮ブリッツェンやシマノレーシングが強かった、ただそれだけだ」と監督のコメントは厳しい。不利かと思われる形勢を見事有利へ変換した宇都宮ブリッツェンは素晴らしい戦いぶりだったと語る。先攻有利から不利へ転じ苦杯をなめる今回の結果、整え引き締め直します。

【結果】
1位 鈴木 龍(宇都宮ブリッツェン) 2時間42分34秒
2位 入部正太朗(シマノレーシング) +0秒
3位 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン) +6秒
4位 岡 篤志(宇都宮ブリッツェン) +28秒
5位 才田直人(LEOMO Bellmare Racing Team) +59秒
6位 窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング) +1分1秒
8位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ
39位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
40位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
60位 土井雪広(マトリックスパワータグ)
DNF 安原大貴(マトリックスパワータグ)
DNF 向川尚樹(マトリックスパワータグ)
DNF 田窪賢次(マトリックスパワータグ)

【個人総合】
1位 窪木 一茂 2021p
2位 アイラン・フェルナンデス 1610p
3位 岡 篤志 1601p

photo by Satoru Kato、Shizu Furusaka