NEWS

  • AKGB24099月24日(土)、25日(日)で行われたJプロツアー第17、18戦は群馬県前橋市でのクリテリウム&ヒルクライム2連戦。2日目のヒルクライムにてホセ・ビセンテ・トリビオが2位、先日奪われたリーダーの座を獲り返しました!しかし2位との差は僅差、次戦の最高峰ロードチャンピオンシップなどポイント高いレースが続きます。リーダーをチーム一丸守って行きます。

快調に逃げるオスカル・プジョルと入部正太朗。集団はマトリックスコントロールから追走が出たところで一旦まとまりを無くし7秒前後のタイム差が後半へ向けて15秒へ開いてしまう。

残り2周、宇都宮ブリッツェンが集団を引きペースアップ。寸前まで迫るが間に合わず先頭2名は逃げ切り、勝ったのは入部、そしてプジョル。直後の集団トップは強靭スプリンターのジョン・アヴェラストゥリ。そしてツアーリーダー増田、大久保。マトリックスはホセが続く6位が最高位となりました。切り替え明日のヒルクライム狙っていきます!

先頭逃げ切り入部、プジョル
ラストラップ、先頭2名とはまた開き17秒、集団はブリッツェンコントロールでペース上げるが開き過ぎか。マトリックスはその後ろ
残り2周、追走の影響か先頭とは15秒ほどに開く。集団は上位チーム人数減らしながら展開